web漫画中毒。スルメのようになかなかやめられないweb漫画たち

僕は最近漫画を読まなくなった。ネットで気軽に買えるので買ってはいる。しかし読んでいないのだ。ちょっと前までは、漫画なんて買ったら初日に必ず読んでいたのに、今では小説並みに積ん読状態になっている。

そのくせ、ネットに溢れる無料のweb漫画は意外と読んでいたりする。

 

スルメのようになかなかやめられないweb漫画

ネットには無料で楽しめる漫画が大量にある。玉石混交ではあるけど、有名なやつは大体面白い。僕は一時期web漫画にハマり、『ワンパンマン』、『ハイブリッドインセクター』、『魔道』などを一気読みしていた。

これらはよく作り込まれていて、ちゃんとした漫画だと思う。これをネットで気軽に楽しめるのは素晴らしいなと思い、僕はweb漫画にはまっていったのだ。

しかし、最近は大して面白くもないweb漫画でも読み続けてしまっている。ちょうど、スルメが大して美味しくはないのにやめられなくなっている状態と近い。スルメが程よい塩気でやめられなくなる中毒性があるのと同じように、web漫画にも何かしらの中毒性があるのだ。

 

それらは設定の面白さで読ませていく漫画たちだ。最近はよくここを見ている。毎日更新というところがポイントだ。

sai-zen-sen.jp

 

僕が読んでいるのは基本的には学園ものが多い。喧嘩が超強いオトコ女(美人)が幼馴染の男に思いを寄せるものだったり

sai-zen-sen.jp

20歳の小学4年生がバカをやる話だったり

sai-zen-sen.jp

他には何の中身もないのにちょっと面白いじわじわくる4コマ漫画などがある。これらを延々と読んでしまったりする。

sai-zen-sen.jp

 

 

別にめちゃくちゃ面白いなとは思わないのだけど、読み始めるとなんか延々と読んでしまうのだ。ページをいちいち読み込まないでスクロールで見ていけるのもやめられない原因だ。

やはりちょっとした中毒性があるのだ。僕はやらないからわからないけど、多分スマホのゲームなんかもこれに近い中毒性があるんだろう。そんなに面白くないけど何となくやり続けてしまう感覚に持っていくのだろう。人間の心理をあの手この手で考えているのだ。

 

おわり

中毒性のある漫画たちは、全く頭を使わないで読めるものである。だから暇な時、寝る前なんかにだらだらと延々と読めてしまう。結果、いつの間にか時間を奪われている。

今日あげた漫画は全てそれなりに面白いので、一度読んでみると僕が言っている中毒性というのはわかってもらえるかもしれない。