読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年度「世界で最も幸福な国」はノルウェー。幸福度ランキングは北欧が強すぎる。

今年も世界で最も幸福な国が発表された。2017年度の1位はノルウェー国連の世界幸福度報告書による発表である。ちなみに日本は51位。

headlines.yahoo.co.jp

 

北欧、強すぎ

去年の1位はデンマークだった。そのデンマークは今年も2位につけている。2位以下はデンマークアイスランド、スイス、フィンランドと北欧の国々が並んでいる。

幸せという個人個人でも曖昧に感じているものを、さらに国単位で順位付けしている曖昧なランキングのような気がするけど、いつも北欧は上位である。何故なのだろうか?

上の記事では順位付けの根拠が少し書いてあった。

報告書は、福祉、自由、寛容、正直、健康、所得、良好な統治などの「幸福度を支えると考えられる主な要因のすべてにおいて、トップ4か国はみな上位にランクしている」としている。

上位10か国はすべて裕福な先進国だが、報告書によれば、お金だけが幸福に結びつく要因ではないという。

 実際に、富裕諸国における幸福度の水準の差は「心の健康、体の健康、人間関係の差」によるところが大きく、「単一の不幸の源として最大のものは精神疾患だ」と報告書は指摘。「所得格差は国が貧困なほど大きな問題となるが、それでもやはり、貧困国でも精神疾患が主要な不幸の源となっている」としている。

 

そうか、幸せは人それぞれなのかもしれないけど、不幸がなんなのかはわかる。この幸福度調査では精神疾患が不幸の源と言えるようだ。

とすると、何と無くイメージでは日本の幸福度の順位が低いというのは納得できる。日本は自殺するほど仕事がなく、過労死するほど仕事がある国だ。

日本では「心の健康、体の健康、人間関係」これら全てに満足しながら暮らしている人なんて少ないんじゃないだろうか。

 

ノルウェーってどんな国?

さて、ノルウェーってどんな国なんだろうか。去年のデンマーク同様、僕はサッカーを通じてしか知らない国だ。

www.norway.or.jp

ふーむ、ここを見ると四季もあるようだし、自然と親しみ生活するというのが目についた。

 

ノルウェーといえば刑務所が凄すぎると最近話題になっていた。

vippers.jp

全く豪華で快適そうな刑務所である。これで反省できるのかと考えてしまうが、再犯率は低いようだ。こういった恵まれた施設はかなり物議を醸し出したらしいが実際に再犯率が低いという結果が出ているようなので続いているようだ。

これは刑務所という場所が懲罰を受けるための施設ではなく、社会復帰を促すための施設だと考えられているからであるらしい。

なるほど、ノルウェーは考え方が柔軟で一歩進んでいるように感じる。

 

おわり

ノルウェースウェーデンの刑務所だったり、フィンランドの教育やベーシックインカムの試験導入だったり、北欧の国々が柔軟な考えを持っているという印象はある。

幸福度なんてそもそも測れないんじゃないかと思ってしまうとろころはまだ少しあるのだけど、北欧の国々の順位がいつも高いというのは一つの事実を物語っているような気もする。

 

 

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする