読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冨樫義博『HUNTER×HUNTER』を大人買いしてみた。

漫画

ついに『HUNTER×HUNTER』を読み始めた。

f:id:slices:20170318184517j:plain

画像は読み終えた5巻までだが、現在発刊されている1巻から33巻まで大人買いしてしまった。

HUNTER×HUNTER』とは少年ジャンプで連載中の冨樫義博の漫画である。言わずもがなだろう。

 

冨樫義博作品と僕

なぜ今更『HUNTER×HUNTER』なのか?これは少し説明が必要だ。

ハンターハンターは大人にも人気があるし、僕と趣味の合う友人も勧めている。そして僕は冨樫義博の他の作品、『幽遊白書』も『レベルE』も好きだ。

『幽白』なんて僕はちょうどの世代である。僕はドラゴンボール世代であるが、その時のジャンプはドラゴンボール、幽白、スラムダンクという素晴らしい漫画が揃っていた。

小学生時代の僕はジャンプ漫画を買い揃えている友人宅に入り浸り、これらの漫画を全て読破した。漫画を読み込む僕の横で友人たちはストリートファイターIIとかマリオカートとかをやっていた。いい時代だったなあ。

確かその時に冨樫義博の『レベルE』も読んだと思う。「幽白の人の他の漫画も面白いよ」ってな感じで進められてこれも友人宅で読破した。ちょっと不気味でいて、見たことのないような面白さを感じた記憶がある。

大人になってからある時『レベルE』が無性に読みたくなり、自分でも買い揃えた。大人になってから読んでもやっぱり面白かった。冨樫義博の漫画は子供から大人まで楽しめる素晴らしい漫画なのだ。

 

ハンターハンターが始まった頃、もうジャンプを集める友人とはつるまなくなっていてジャンプ漫画を読む環境になかった僕は読み始めるタイミングを失っていた。程なくしてハンターハンターが面白いという噂を耳にしていた。

しかし、面白いという噂と同時に冨樫義博が休載しまくっているという話も聞いた。話が全然進まないのだと。読者は狂おしいほどに続きを待っているのだ。

冨樫義博の漫画が面白いのは間違いない、けれども続きを待つのも嫌だから(僕にとってはベルセルクがそう)ハンターハンターはどうせなら完結してから一気に読もうと考えていたのだ。

 

それが最近なんとなくネットを徘徊していると、割と安く全巻セットが売っていたので、出来心でついポチってしまったというわけである。ネットって怖いね。簡単にポチれてしまう。

漫画33冊というとなかなかの存在感である。超邪魔である。漫画33冊が僕の部屋においてどれだけのスペースを奪っていくかという想像もせずになんとなくポチってしまった。今本棚はパンパンだし置き場がない。結果、適当に机の上に積み上がることになり部屋が汚れていく。

 

おわり

ハンターハンターはやっぱり面白かった。少年漫画というだけあって非常に読みやすい。この先どうなるのかというワクワク感を常に孕んでいる。読む手をなかなか止められない良作だ。

主人公の野生児ゴン、説明役の知的クラピカ、激情型の盛り上げ役レオリオ、謎もありライバル的な冷徹キルアというパーティー。とてもバランスのいいキャラクターたちである。幽白がそのまんま被って見えたりする。

5巻まで読んで、「やっぱりバトル漫画は強さのインフレとの戦いだなあ」と思わずにはいられないが、今後どのように展開していくのか楽しみである。

 

 

広告を非表示にする