読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「16.7メートルの津波は、ちょうどこの高さ」震災から6年、ヤフーの防災広告が素晴らしい。

日記

東日本大震災から今日でもう6年になる。

何日か前から、yahooの防災広告が話題になっている。

news.ameba.jp

「防災は、想像から。」と銘打たれたこの広告のセンスが素晴らしいと話題だ。

3月11日、この日が来るたび、私たちはあの時のことを振りかえる。東日本大震災から、早くも6年が経った。災害なんて、もう起きるな。毎年のように私たちはそう思うけれど、災害はいつかまた、たぶん、いや確実に起きてしまうだろう。あの日、岩手県大船渡市で観測された津波は、最高16.7m。もしも、ここ銀座の真ん中に来ていたら、ちょうどこの高さ。想像よりも、ずっと高いと感じたはず。でも、この高さを知っているだけで、とれる行動は変わる。そう。私たちは、今、備えることができる。被災した人たちの記憶に想像力をもらい、知恵を蓄えることができる。あの日を忘れない。それが、いちばんの防災。ヤフーはそう思います。

 

銀座のど真ん中のソニービルに縦長のテレビ欄のようにずらりと並んだ文字。そこには2011年3月11日に東日本を襲った津波の最大の高さ、16.7メートルが実際に、そしてキャッチーに表されている。その場に行けば痛いほどその高さがわかるだろう。行かずとも、この写真だけでも十分に津波の高さ、脅威が想像される広告である。

16.7メートルはこの広告が言うように思ったよりもずっと高い。ビルの5階から6階にかけての高さくらいだ。僕は恥ずかしながら初めて知った。あの時の津波がこんなに高かったなんて。

 

 

高さの知識もそうだが、パニック映画の影響からか、僕たちは津波というと大波と勘違いしてしまう。実際の津波はずっとその高さで、土砂まみれの全てを飲み込んだ波が続いている。それが津波だ。

津波について理解するのに、とてもわかりやすい表現があった。

たとえ50cmの津波でも人間は立っていられないほどなのだという。1メートルだと死亡率100%と言われている。

 

yahooの広告は一目でわかるインパクトがあり、あの時を思い起こすメッセージがある。だからこそ僕らの想像力に訴えかてくる素晴らしい広告だ。言葉とともに、体感として伝わってくる。

www.youtube.com

fukko.yahoo.co.jp

 

広告を非表示にする