読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netflix版映像作品『火花』第一話感想。ドラマのようでドラマじゃない。映画のようで映画じゃない。

テレビ、ラジオ 映画

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の小説家デビュー作にして芥川賞受賞作『火花』。なんと累計発行部数は250万部を超えているらしい。この実写版がNetflixで配信されていたのだが、昨日からNHKで地上波初放送が始まった。

僕は『火花』の小説版を読んでいない。興味はあったので「いつか読もうかなあ」と思っていたのが今に至る、という感じだ。「本当に面白いものはただで見られるようになる」と評価経済論者の岡田斗司夫氏は言っていたが、今回まさにその通りになって、僕は本を買わずして「火花」の世界を知れることになった。

f:id:slices:20170227204212j:plain

冒頭、漫才の練習をしながら歩いているシーン。ドラマというより映画の雰囲気。美しい映像。この掴みのシーンで引き込まれた。早くも名作の予感。

 

キャストは豪華な俳優陣

この作品は当初はNetflix限定のものだったはずだ。それにしては出演者に力が入っているなあと思った。映画にしてもいいくらいじゃないかなと。キャストは実に豪華な俳優陣なのである。

主演の2人は林遣都波岡一喜。個人的には浪岡一喜は好きな俳優だ。『パッチギ!』で知って、いい顔したいい俳優が出てきたなあと思った記憶がある。悪役ができそうな感じ。その後はあんまり見ていなかったけれど、『火花』のあらすじを見るとベストな配役だなと思ったし、1話目でもうナイスな存在感を放っていた。

この作品は枠を固める俳優がすごい。大御所が多い。コーヒー屋のマスターが小林薫だったり(セリフがなかった!)、微妙な芸能事務所の社長が田口トモロヲだったり、コンビニ店員が温水洋一だったり。主人公の暮らすアパートの住人に渡辺哲がいたり。ちょっと驚きの配役だ。

大御所ではないけれど、今を時めく染谷将太も出ていたりする。

 

1話目から漫才のシーンがあったり、ひたすら練習するシーンが多かったりしたが、主役2人のそれぞれのお笑いコンビの相方が本当の芸人だったりする。

林遣都の相方はお笑いコンビ「井下好井」の好井まさお。最近『人志松本のすべらない話』でMVSを取っていたような気がする。自分の不幸を笑いにした面白い話だった記憶がある。

波岡一喜の相方はお笑いコンビ「とろサーモン」の村田秀亮。とろサーモンといえばボケの久保田の変態性がすぐに思い浮かぶが、相方でツッコミの村田はそんな久保田とやっている時点で達者な人である。とろサーモンは去年のMー1の敗者復活が面白かった。村田に関しては僕は未だに『あらびき団』での面白ナレーションが頭に残っている。

Netflix版の『火花』は、脇役に実力派を置き芸人も本物を使うなどキャストに力の入っている作品である。

 

ドラマのようでドラマじゃない。映画のようで映画じゃない。

まだ1話しか見ていないわけだが、Netflix版の『火花』はテレビドラマとも映画ともつかない新しいタイプの映像作品なのかもしれないなと思った。

 

テレビドラマじゃない

テレビドラマであればもっとわかりやすく撮るような気がする。波が激しいドラマ性を設けて、リピートさせようとする作りだったり、放送期間中にいかに話題性を持続させるかみたいな感じで、テレビ視聴者に向けて作っている。

このNetflix版『火花』には、そういうテレビドラマ的なあざとさというのか、軽い感じは全くなかった。これは原作が純文学であるという点は大きいだろう。

一方で、適切なわかりやすさはあった。主人公の前に現れる理不尽な壁と、それをものともしない自由で理想的な存在。思い悩む主人公と答えを持っているかのような存在の先輩芸人。この2人の構図がわかりやすく示される。

誰しも生きていれば多かれ少なかれ感じる、社会と理想との摩擦。主人公が出会う理不尽。そこへ現れるのが、浪岡が演じる先輩芸人神谷だ。この神谷の存在が気持ちいい。理不尽を吹き飛ばす。見ていてスッキリする。ここがわかりやすいからこそ、共感できて引き込まれる。この辺りのキャッチーさはドラマっぽい。

 

映画じゃない

テレビドラマじゃないならば映画か、と言われるとこれまたそうでもない気がする。この作品はかなり丁寧な作りで日常が描かれている。自分も主人公と一緒に歩んでいるような感じがする。

これを映画でやってしまうと2時間の枠に収まらないだろう。この丁寧な作りは、全10話という尺がなせる技である。映画ではできない。

ただ、映画の延長とは言えるかもしれない。尺はともかく作りでいうとシンプルな映画という感じの作りではあるからだ。カメラワークは淡々としていて自主制作映画のような感じがする。主人公の日常がワンカットで長尺で撮られているシーンが印象的だった。

 

 

おわり

Netflix版の『火花』、まだ1話目だが早くも名作の予感がする。ごちゃごちゃしていなくてシンプルな感じがとてもいい。個人的には青春を感じさせるシーンで斉藤和義の懐かしい曲が流れた時にグッときた。

神谷が気持ちいい存在と前述したが、さらにもう一歩進むと、神谷はそれほど絶対的な存在なのだろうかと少しだけ疑問がわくシーンがちらほらあったりもする。この辺に次回以降への興味がわいた。

 

www.youtube.com

広告を非表示にする