読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iphoneの画面読み上げ機能がすごい。kindle本がオーディオブック化でオーディオブックはもういらない?

ネットでこんな記事を発見。

mon8co.com

最近iphoneが進化してきて、電子書籍を読み上げてくれるようになったというのだ。これはもう革命的である。オーディオブックがいらなくなるかもしれない。

 

iphoneの読み上げ機能

iphoneに読み上げ機能がついたのはいつだったろうか。僕はごくたまに読み方がわからない漢字をドラッグして読み方を知るのに使ったりしていた。その読み上げは一昔前のSiriの感じで、ちょっとぎこちない発音だが十分に機能した。

単語だけでなく、文章をドラッグして選択したらぎこちないが長文でも読むようになっていた。その時は「いつかは全部スムーズに読んでくれるようになるだろうなあ」と思っていた。

とはいえ、オーディオブックという存在もある事だし、この分野はなかなか発展していかないのかなとも思っていた。これができてしまうと、オーディオブックの立場がない。ちなみにオーディオブックというのは書籍を朗読した音声コンテンツである。

 

今回上の記事で読み上げのレベルが上がっていることを知り、実際に試してみたが、これがいつのまにか実用に耐えうるレベルになっていた。

 

kindleiphoneの画面読み上げ機能を試してみた

どうやらパソコンでもiphoneでもkindleの読み上げはできるようになったらしい。どちらかというとiphoneでできた方が便利なので、とりあえずiphoneで画面読み上げ機能を試してみた。

上の記事にあるように、iphoneの設定アプリから「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」で「画面の読み上げ」をオンにする。

f:id:slices:20170223192308j:plain

 

上のように設定をした後、kindleアプリの読みたい本を開いたら、2本指で画面を下方向にスワイプ。ちょうど、通知のシャッターを見るときの下方向にスワイプする動作に指をもう一本足す感じだ。

するとこんなのが出てくる。

f:id:slices:20170223192611p:plain

使い方は簡単。普通のオーディオアプリとほとんど変わらない。ウサギとカメで再生速度の調整ができる。

 

読み上げのレベルはちょっと前のSiriくらいの感じ。棒読みっちゃあ棒読みだが、内容は普通に把握できる。文章読み上げソフト「棒読みちゃん」よりもちょっと聴きやすいくらいだろうか。

上の記事ではやはりオーディオブックのレベルには達していないという。僕はオーディオブックを聞いたことがないのでわからないけど、オーディオブックはプロのナレーターの音声だから心地よさが段違いらしい。

この読み上げ機能を使うには、心の機微が繊細な小説などはちょっと難しいかもしれない。ただ、ノンフィクションであったりビジネス書など、「情報を得る」というために読みたい本であれば十分に使えると思う。

 

kindle以外も読み上げてくれる

ちなみにこの機能はiphoneの画面読み上げ機能なので、当然kindle以外のアプリの画面も読み上げてくれる。ブログもツイッターもメールも。

ただ、画面の全ての文字を読み上げてしまうのでちょっとおかしな感じになる。ブログに貼り付けてある広告や、ツイッターフェイスブックrssの誘導アイコンなども読み上げる。ツイッターならいちいちアカウント名も読み上げる。

というわけで画面読み上げ機能はkindleぐらいでしか使えなそうだ。

 

おわり

iphoneの画面読み上げ機能は、僕の感覚だと普通に使えるレベルだなと思った。これを使うことによって移動中にハンズフリーで本が読めるようになる。これは車移動が多い僕にとってはかなり大きい。

これまで僕は運転中は、音楽を聴くかラジオを聴くかyoutubeを聴くかだった。ここに本が加わるとなると素晴らしい。

 

しかし本当にスマホ界隈の技術の発展は目覚しい。これにグーグル翻訳が加われば、数年後には洋書を翻訳して読み上げてくれるなんてこともできてしまいそうである。

広告を非表示にする