Amazonがリアルの世界に進出。レジがない店『Amazon Go』の未来感がすごい

昨日の『ワイドナショー』でAmazon Goの話題をやっていた。Amazon GoというのはAmazonが今年から始める実店舗のサービスだ。イメージではAmazonがやるコンビニという感じ。そして特徴は、Amazon Goにはレジがないという点だ。

f:id:slices:20170206181511j:plain

↑僕は小藪の髪型が好きである。いつ見ても座りがいい

 

Amazon Goとは

Amazon Goとはインターネット書店から始まり、今やどんなものでも販売しているオンラインショップであるAmazonの実店舗である。つまり今回、Amazonはインターネットの世界から、リアルの世界に進出してきたのだ。

これが今年、シアトルに第一号店がオープンするらしい。現段階ではAmazonの社員だけが使える場所で、すでにAmazon Goのサービスは実装されているらしい。

 

Amazon Goにはレジがない?

さて、冒頭に書いたレジがないというのはどういうことだろうか?これはそのままの意味である。自動のレジがあって機械が会計してくれるということでもない。本当にレジがないのだ。

Amazon Goでは店に商品が置いてあって、それをレジを通さず勝手に持って帰っていいのだ。店を出た瞬間に決済が終わっているというシステムを構築している。

 

どうやって商品を買うのか

レジがないAmazon Goでは決済システムが画期的すぎる。

まず店に入る前にスマホに専用のアプリをダウンロードしておく。その状態で店内で商品を手に取るとアプリ内の買い物かごにも商品が入る。そのまま店を出るとアプリにその商品分の金額が自動的に課金されるというシステムだ。

商品をいったん手にとってからまた元に戻すと、アプリ内でいったんは買い物かごに入った商品がちゃんと買い物かごから削除されるらしい。

すごすぎる。なんたる未来感。まさにインターネット上のAmazonが現実世界に現れたと言っていいのではないだろうか

これを実現しているのは店内に設置された無数のセンサーとカメラ映像だ。その情報を人工知能で解析しているのだとか。

 

Amazon Goのある世界

Amazon Goが現実のものになると一体世界はどう変わっていくのだろうか?

 

  • レジ打ちの失業

レジがなくなるということで、真っ先に想像されるのはレジ打ちを生業としている人々の失業だ。アメリカでは国内のレジ打ちをしている350万の人々の仕事がなくなるのではないかと言われている。

Amazon Goは全米で2000店舗の出店を予定している。日本にも来るだろう。日本のコンビニからレジがなくなる日は、これまで想像されたような自動レジの設置などではなく、Amazon Goの出現ということになるのかもしれない。

 

  • Amazonに行動が把握される

Amazon Goの店内では無数のセンサーやカメラが置かれている。これを使ってAmazonは人間の様々な行動データを蓄積して分析していくのだ。

「どんな動線でどんな商品を買うのか?」とか「何を手に取った後に何を手に取る」だとか「迷って取ったけどまた戻す」とか、全ての行動を把握できるようなのだ。

これまでもオンラインショップのAmazonの方でも購入履歴の情報は当然Amazonダダ漏れだったわけで、その情報を元に「あなたにオススメの商品」などを表示されてきた。Amazon Goによってこれからは、生身の自分の実際の消費行動もダダ漏れになる

どんな容姿の人がどんなものを買うのか?性別年齢人種、あらゆる分析ができてしまう。

今までのコンビニでも、いわゆるビッグデータというやつで、「この年齢層にはこれが売れている」などの情報は得られていた。しかし、これがAmazon Goでは、アカウントが分かっているから個人の特定ができてしまうのだ。まるで監視されている気分になりそうだ。なんかちょっと怖い気がする。

 

おわり

さて、Amazon Goがある世界は確かに便利そうである。コンビニでレジ待ちの煩わしさがなくなるし、会計のめんどくささもなくなる。早く日本にも来て欲しいと思う。

商品を手にとってそのまま店を出るということを体験してみたい。これはまるで万引きと同じ行動である。

 

www.youtube.com

 

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする