読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【筋肉のための食事】コンビニのサラダチキンを個人的な印象だけで比較【ダイエット】

一時期ネットでも話題になったコンビニのサラダチキン。低カロリー高タンパクということで筋肉をつけるため、そしてダイエットに非常に効率のいい食べ物である。

広く認知された理由としては、コンビニで買えてそのまま食べられるという手軽さだろう。

この分野でもセブンイレブンが先行しているイメージがあるが、今となってはコンビニ各社がサラダチキンを豊富に取り揃えている。

 

僕は身体を鍛えているので結構サラダチキンを食べてきた。大手コンビニのサラダチキンはすべて食べた。

その記憶を元に、セブンイレブンファミリーマート、ローソンの三社で手に入るサラダチキンの比較をしようと思う。

いろんなところで詳しい比較はされていると思うのでここでは食べ比べなどはせず、これまで僕が食べてきた記憶で、印象だけで勝手に比較したいと思う。

 

セブンイレブン

僕が初めて食べたサラダチキンセブンイレブンのものだ。

最初に感じたのは開けにくいということ。未だにセブンのサラダチキンだけ開けにくい。切り込みではなく、真空パックを剥がしていくタイプの開け方だ。

味はしょっぱい。塩分多めだ。スパイシーな感じがある。サラダチキンという名だけあってサラダと一緒にいただきたい。

 

ファミリーマート

ファミリーマートの特徴は何と言っても種類が多いということ。プレーン、ハーブ、タンドリーチキン、ゆず胡椒などなどたくさんある。コンビニの棚に並ぶ様子はカラフルで綺麗だ。

味はこれまたしょっぱい。味が濃い。そしてセブンよりも肉がぎゅっと詰まっている感じがあって少しジューシーな感じ。

上にあげた4つの味はすべて食べたことがあるが、一貫するファミマ味というものが存在する。比較して食べたことはないけれど、サラダチキンの中では一番塩分が強いと感じる。

 

ちなみにここではファミマが無双している↓

rocketnews24.com

ただ、これは丸々ひとつ食べて比較しているのではなく、小さく切ったものを食べて比較しているので、味が最もしっかりついているファミマに軍配が上がったのだろうと想像する。

確かに1位になったファミマのタンドリーチキンはめちゃくちゃうまい。しかし丸々一気に食べるには味が濃すぎると思う。

 

ローソン

ローソンは開け口が2つある。多分そのまま食べる人用、料理に使う人用を想定したものだろう。

切り口が左右に2つずつあるのがわかるだろうか↓

f:id:slices:20170128215422j:plain

袋からそのまま食べる時、セブン、ファミマのサラダチキンは中の汁を垂れないように気を使いながら食べる必要があるが、ローソンのは違う。

上の方の切り口で開ければ、袋からにゅっと出してファーストフード感覚で食べられる。この辺の配慮がさすがローソンという感じ。

持ちやすいし汁がこぼれない。手軽に食べられる↓

f:id:slices:20170128215534j:plain

肉が柔らかくて味はセブン、ファミマよりはしょっぱくない。淡白な味だ。僕はローソンのサラダチキンが一番好きである。

 

成分、価格など

気になる成分や価格はそれほど大差がない。どのコンビニのサラダチキンを買っても間違いはないだろう。

だいたいどれも100グラムあたり20グラムのタンパク質は取れるし、カロリーは100kcal程度だ。

価格はローソンとセブンが200円くらいでファミマだけ若干高く240円ほど。

ローソンはたまにローソン得市で安くなっているので、僕はそういう時に大人買いしたりする。

 

サラダチキンは味が濃い

味は個人の趣向だが、どれにも言えるのは味が濃いということだ。どれも塩分が強いなと感じる。

サラダチキンはその名の通り、サラダに添えるためにそのまま使えるというものなので、概ね濃い味付けになっている。この味が濃さから、サラダチキンだけで食べるのは無理という人もいるかもしれない。

 

おわり

切り口の配慮に感動したので僕はサラダチキンはローソン派だ。味も他よりは若干薄めなので単独で食べるには向いている気がする。サラダチキンだけをそのまま食べるというニーズにはローソンのサラダチキンが一番あっていると思う。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする