現役最高のストライカー、ルイス・スアレス。歴代でも最高であることが判明

現役のサッカー選手の中で、最も優れたストライカーは誰だろうか?

優れたサッカー選手の場合は、メッシやクリスティアーノ・ロナウド、はたまたゴールキーパーノイアーなどが思い浮かぶ。

しかし、この記事で話題にしたい”ストライカー”ということになると個人的には、僕がほとんどの試合を見ているバルセロナから、ルイス・スアレスをあげたい。

 

この意見にはバルセロナファンならずともそう反論は飛んでこないのではないかと思う。

ストライカー、つまり点取り屋としてなら、スアレスは現役最高。バルセロナの9番を務める彼はそれほど素晴らしいサッカー選手なのだ。

このスアレスを、歴代のレジェンドストライカーたちと比べてみたらしい。その結果、史上最高のストライカーと言っても過言ではない数字が出たのだという。

 

30歳時点での成績を比較すると

スアレスは言うまでもなく素晴らしいストライカーである。

ストライカーに必要な決定力はもちろん、攻撃の起点になるボールを収める体の強さや、周りを生かす視野の広さがある上に、チームのために前線からの守備も怠らない。現代のフォワードに求められる条件のすべてを持っている。

しかしチームで、バルセロナで見ていると、一番目立っているというわけではない。なぜなら、歴代最高のサッカー選手と呼び声も高いメッシという化け物がいるからだ。

決してメッシの陰に隠れているわけでもないけれど、「それにしても決定力あるよなあスアレス」という印象である。きっちり点を取ってくれる頼れるアニキというイメージである。

僕にはそういう印象のあるスアレスだが、今回は数字でスアレスの凄さが表れていた。

 

バルセロナで3年目になる今シーズン、スアレスは30歳の節目を迎えた。

これを記念し、サッカーの試合の統計データに詳しいイギリスの『Squawka』では、歴代のレジェンドストライカーたちとスアレスの30歳時点での成績を比較したようだ。

headlines.yahoo.co.jp

ここにある歴代最高のストライカーの30歳時点での得点は

ロマーリオ    333ゴール
ロナウド     310ゴール
アンリ      288ゴール
ファン・バステン 278ゴール
シアラー     217ゴール
バティストゥータ 196ゴール

ルイス・スアレス 370ゴール

 

スアレスは名だたる歴代レジェントたちの中でもトップの得点数を誇っている。 

サッカー選手として、瞬間最大風速はナンバーワンであろうブラジルの怪物ロナウドよりも、そのロナウドよりも”常に点を取る”というイメージのあったロマーリオよりもゴール数が多いのだ。

これはもうスアレスは現役最高なのは間違い無く、「歴代でもナンバーワンのストライカーである」と言ってもいいのではないだろうか。

 

おわり

スアレスは日本時間の今朝の試合、コパ・デル・レイのベスト4をかけての重要な試合でも、さすがの決定力を見せた。

www.youtube.com

スアレスは高い得点力を誇るが、クリスティアーノ・ロナウドのようにシュート撃ちまくり、FK、PKは誰が取っても絶対自分、というようなタイプではない。

それほどたくさんシュートを打つわけではないが、決めるところはきっちり決める。その”頼れる感”が素晴らしい。

ルイス・スアレスはここ数年バルセロナが求めていたストライカーのポジションにこの上なくマッチする選手であり、同時に歴代でも最高のストライカーなのだ。

 

広告を非表示にする