【熱愛?不倫?】ハイスタ横山健とマギーの不倫から見え隠れする芸能界の闇

有名人の不倫のニュースが絶えなかった2016年。今年も早くも新たな不倫のニュースが入っている。Hi-STANDARD横山健とモデルのマギーの不倫報道だ。

まあ不倫はいいとして、この報道のされ方に芸能界の闇を感じる。というのも、テレビではほとんどマギーの不倫騒動が報道されていないらしいのだ。そしてそれは事務所の力によるところが大きいのだとか。

news.livedoor.com

 

そういえば今週のワイドナショーでも袴田吉彦の不倫報道は面白おかしく話題にされていたけど、マギーと横山健の不倫は一切触れていなかった。

多くのワイドショーやニュース番組が生放送の番組だが、ワイドナショーは収録番組だ。収録日にまだこの報道がされていなかったのではないかとも思うけど、どうなんだろう。

もしワイドナショーでも事務所の圧力でこの報道が避けられたのだとしたら、年始特番で芸能界のズレを語った松本の番組でもやはりそうなのかと芸能界の闇を感じざるを得ない。

slices.hatenablog.com

 

ロンドンブーツの淳もツイートしているが、報道されている媒体では、不倫ではなく熱愛という報道がされているという。

報道される媒体が少ない上に、その数少ない報道媒体でも言葉には気を使っているようだ。

芸能人の不倫などどうでもいいことであるが、去年あれだけ不倫報道を見せられていたから、スルーできそうでできない違和感がある。 

 

 

問題の大手事務所というのがレプロエンタテイメントというところだ。新垣結衣川島海荷など女性タレントを多く抱える事務所らしい。独立してテレビから姿を消した能年玲奈もここの所属だった。

能年玲奈が一気にテレビの世界から消えてしまったことが、この事務所の力の大きさを示しているような気がする。

しかし驚いたのが、レプロのウェブサイトの所属タレントのページに未だ能年玲奈がいたことだ。まだ能年玲奈としてはやめていない、やめられていないということだろうか。

 

このレプロという事務所は芸能界のドンが経営するバーニングという事務所の傘下であるらしい。このバーニングという事務所は黒い噂が絶えない。

ameblo.jp

その黒い噂というのはテレビなどのメジャーな媒体では報道されないから、どうしてもマイナーで信憑性に欠けるイメージのある媒体に掲載される。

だからなんとなく疑いの目を持ってこれまで見てきたというか、そういうこともあるかもしれないなあくらいに、話半分で遠目に見ていたけど、どうやらそれらの黒い噂は一定の真実があるようだ。今回のマギーの不倫が報道されないことがそれを証明している。

 

経営の才覚はあるのであろうおっさんたちが芸能界を牛耳っている。まあそれは才覚があるのだから当然だろう。

しかし、そのおっさんたちの金や立ち回り、面子、権利などのために能年玲奈をはじめ、才能のある人が見られなくなるというのはいただけない。

能年玲奈ことのんが声優で主演の『この世界の片隅に』はもっとテレビで取り上げられれば、もっと多くの人が見ることになる。

僕はこの映画は全世界の人が見るべきだと思っている。こんなことを思う映画は初めてだ。

そんな素晴らしい映画が、事務所のおっさんの力のせいで露出に制限がかかっているのだとしたら。

芸能界の闇は深い。

 

 

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする