読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅原大吾『1日ひとつだけ、強くなる。』/プロゲーマーが実践している腹を立てない方法

世界一のプロゲーマー梅原大吾の『1日ひとつだけ、強くなる。世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀』という本を読んだ。

f:id:slices:20170108174352p:plain

ゲームをしない僕も、最近になってプロゲーマーという職業が存在するというのはなんとなく認識していた。

ゲームで稼ぐってにわかには信じられないが、大会に出場して賞金で暮らしているということなのだろう、そうするとゲームのテクニック論とか精神論が網羅されている本なのだろうなと最初は思っていた。

しかし読み進めると、これがそんな想像を軽く超えていくような、かなり奥深い本だった。

 

ゲームの勝ちパターンとは

この本の著者の梅原氏が主にやっているゲームは格闘ゲームだ。1対1でキャラクター同士を対戦させるシンプルなスタイルのゲーム。

操作能力とか反応速度とか経験とか、そういうことに長けている人が勝つのかと思いきや、そんな浅い世界ではないようだ。プロともなると皆拮抗した実力があり、紙一重のところで勝負している。

そんな中でゲームごとに勝ちパターンが出来上がっていくらしい。

新作が出ると、それぞれのプレイヤーは、手探りで新作のシステムのポイントを想定研究し、実戦に持ち込む。初期に勝ちまくっていたのに壁に突き当たってしまうようなやり方もあるし、あまり有効ではないとされていたやり方が大きく伸びたりもする。そうやって実戦の中で淘汰が進んでいく。

生物における進化の系統図のようなものを連想するといいかもしれない。絶滅する種があり、大きく繁栄する種があるのと同じだ。

 

例えば今までになかったようなものすごい勝ちパターンを見つけたとしても、今の時代はネット動画でその情報を世界中で共有できてしまう。

皆がその動画を見てそのプレイを真似ることができてしまうから、自然淘汰が進んでいくのだという。

プロゲーマーの世界はどうやらかなり厳しい世界のようである。そんな世界でプロとして存在しているのは至難の技だろう。

この本は、そこで何度もトップになり続けている人が書いている本なのだ。上に引用したものは冒頭の方に書かれていた内容だが、ここで僕は心を掴まれ、以降も面白くこの本を読めた。

 

プロゲーマーが実践している腹を立てない方法

僕も対戦格闘ゲームはやったことがある。この本にも書かれている「ストリートファイターシリーズ」は学生の頃にちょくちょくやっていた。

でも僕は続かなかった。負けたら腹が立つからだ。行き場のない怒りがこみ上げてきてコントローラーを放り投げる。対戦格闘って相手が明確にいるから、相手に対して敵意むき出しで怒りが湧いてきてしまう。

プロでそんなことをしている人がいるわけがない。プロゲーマーは常に冷静であることが必要とされる。勝負の時は感情はない方がいいという。

でもやっぱり人間だから腹が立つような場面には遭遇する。そこで梅原氏が実践している腹を立てない方法とは。

僕は腹が立ったり納得がいかなかったりするときは、「自然現象だ」と思うことにしている。あいつが言っていることはおかしい。あいつがラクをしている。あいつがズルをしている。「あいつ」が向こうにいると腹が立ってくる。

相手が人間だからそういう気持ちになる。自然現象に対しては腹が立たない。というよりも腹が立てられない。

(中略)

結局、自分が思うように他人が動いてくれないから腹を立てるようなところがある。どこかに他人をコントロールしたいという気持ちがあるのだろう。

(中略)

他人に何かを求め始めると、キリがなくなってしまう。

 

なんだかお坊さんの説法のようである。特に最後の「他人に何かを求め始めると、キリがなくなってしまう。」というところ。行き着く先はここなのだなあ。

梅原氏はゲームを通して一人きりでここまで学んでいるのだから、どんな世界でも成功する人だろう。

 

おわり

結果と人気が全てのプロゲーマーの世界。一握りしかやっていくことはできない厳しい世界である。

興味深かったのが梅原氏は勝つために修練しているのではなく「勝ち続けるため」に修練しているということ。一発で勝つのは簡単だが、勝ちを継続することは難しい。それをやり続けるのがプロだという信念があった。

そのために、タイトルの通りの『1日ひとつだけ強くなる』ために梅原氏がやっているモチベーションの維持方法などが勉強になった。世界は違えどためになる話ばかりだった。

 

広告を非表示にする