読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【SMAP×SMAP最終回】スマスマ20年の歴史に幕。SMAPの最後は『世界に一つだけの花』

今年2016年の12月31日で解散する国民的アイドルグループSMAPが最後にテレビ出演する番組、『SMAP×SMAP』の最終回が昨日放送された。

最終回は5時間に渡るこれまでスマスマの総集編。生放送でもなく、今のSMAPのメンバーの出演は最後の「世界に一つだけの花」を1曲のみのステージだった。

僕はCDを買ったことがないしファンでもないのだけど、このSMAP最後の映像を見て感慨深い気持ちになった。

 

初期はよく見ていた

このスマスマ総集編を見ていると、僕も初期はよく見ていたことを思い出して懐かしくなった。

「誰が一番早く泣けるか?」とスマップメンバーが競い合う『涙のスマップ』とか、早口言葉のやつとか。粘土の王国も良かった。最後に潰されるのがグッとくる。

木村のPちゃんも思い出した。よく笑った。コントはたくさんあったけど、やっぱりマー坊が一番面白かったなあ。

「アイドルキックオフ」も懐かしい。これは衝撃的だった。アイドルがアイドルを演じるというちょっとしたメタフィクションである。

 

森且行脱退

森くん脱退は覚えているけど、スマスマが始まって1ヶ月で脱退だったとは思わなかった。放送七回目での脱退らしい。

最後の歌の時に、それまでは明るく司会をしていた中居が号泣していたのにグッと来た。歌った後に泣いて司会できない中居に変わり咄嗟に仕切るキムタクがかっこいい。

 

海外アーティストがすごい

今回の放送で僕が一番驚いたのがスマスマにジェイムス・ブラウンが来ていたことだ。他にもスマスマには一流のアーティストがたくさん来ていた。

僕が気になった人だけでもスティービー・ワンダー、キャロルキング、ビーチボーイズなどなど。

このようなアーティストたちが5時間もある放送なのに、SMAPの曲が流れる中で彼らの音声なしの映像だけのダイジェストだったことも驚きだった。

 

稲垣吾郎逮捕、草薙剛逮捕

逮捕歴があるメンバーが2人もいるという国民的アイドルというのも珍しい。この2人が色々騒ぎになっていたのはさすがに知っていたけど、逮捕されていたとは知らなかった。SMAPの歴史の中でもかなり大きなことだったろうと思う。

逮捕だけど案外謹慎期間が短いなと感じた。稲垣の時はスマスマも50日の謹慎、稲垣メンバーは半年程度の謹慎。草彅の時は1ヶ月だけの謹慎。

今年たくさんあった不倫騒動での謹慎はやっぱり厳しすぎるんじゃないかなと思ったりした。

 

25周年の5人旅 

「SMAP5人だけの旅」は面白かった。今回の最終回の総集編の中でも特に時間が割かれていた。

みんな普通に仲が良さそうに見える。酔っ払ってカラオケで号泣する中居。なんかメンバーの中で一番スマップが好きな人なんじゃないかなと思った。

見ていると解散とかじゃなくて、仲が良かった人たちが仲違いして修復不可能になってしまったということに単純に悲しくなった。

 

SMAPの最後

f:id:slices:20161227200854j:plain

最終回に今現在のSMAPの出演はほんの一瞬だった。『世界に一つだけの花』を歌って終わり。メッセージなどは何もなかった。歌中では一番の笑顔がみれた中居、歌い終わった後の苦々しい表情が見ていて辛い。一人泣いていた。

 

スマスマ最終回の放送はいつものように東日本大震災への支援金、熊本の震災への義援金の告知で終わった。

headlines.yahoo.co.jp

 

おわり

今年一月、突然の解散発表から解散撤回の謝罪劇、そしてリオオリンピックの最中に解散発表。どうにもネガティブなイメージのあるSMAP解散の一連の出来事。

グループの解散なんてものはいつもファンにとっては突然のものだ。解散はしょうがない。ただ、最後に解散ライブのようなファンに向けての生のステージがなかったことが今回のSMAP解散の大きな点だ。こういった形のグループ解散はあんまりないんじゃないだろうか。

 

冒頭に書いたけれど、僕はSMAPのファンでもない。スマスマも最初期にちょこっと見ていただけだった。

ただ20代〜30代の男はそんなもん、というか男でファンはそんなにいないんじゃないかなと思う。僕の周りにはCDを買うようなファンはいないけど、嫌いな人もいない。無関心な人もいない。ここがSMAPのすごいところだと思う。

 

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 


 

 

広告を非表示にする