【クラブワールドカップ2016】レアル・マドリード×クラブアメリカ そんなことよりもめっちゃかわいいサポーターの女の子がいた件

昨日FIFAクラブワールドカップ2016の準決勝、レアル・マドリードクラブアメリカの試合があった。

チャンピオンズリーグの覇者、実質サッカーのクラブチームではナンバーワンとなったレアルと、北中米カリブを勝ち上がったクラブアメリカの対戦だ。

 

本気レアルに対してクラブアメリカもなかなか

レアルは本気だった。それはスタメンを見れば明らかだ。大怪我で年内絶望のベイルと筋肉系の痛みがあるというキャプテンセルヒオ・ラモスを除いては、いつものレギュラーメンバーといった感じ。

そして試合運びも慎重だった。守備に重点を置いた戦い方だ。試合中、ジダン監督が再三守備について指示を送っていたらしい。

そんな守備重視な堅実な戦い方が効いて、結果はレアルが2-0と完封勝利。大方の予想通り難なく決勝に勝ち上がった。

とはいえ、本気メンバーのレアルでも、クラブアメリカ相手に割と手こずった。

 

ゴールチャンスはレアルの方が作っていたが、クラブアメリカもフィニッシュまでいけている。ひょんなことからゴールが決まればクラブアメリカ勝利も十分あり得た。

レアルの得点は前半アディショナルタイムベンゼマの一発と後半アディショナルタイムクリスティアーノ・ロナウドの一発だ。

www.youtube.com

前半終了間際に1点と、試合終了間際の1点。つまり、最少得点差が最後まで続いた試合だ。レアルが大差で試合を決定づけると思っていたが、そうはならなかったのはクラブアメリカの粘りだった。

その粘りのおかげで最後まで試合は緊張感のあるものになった。

 

そんなことよりめっちゃかわいい女の子がいた

まあまあ試合は面白かったのだけど、そんなことよりも試合前に観客席の様子を捉えたカメラに映った女の子がめっちゃ可愛かった。

f:id:slices:20161216185120j:plain

f:id:slices:20161216185207j:plain

f:id:slices:20161216185233j:plain

我ながら気持ち悪いなと思いけど、この子がもう一度カメラに抜かれないかな、と思いながら試合を見ていたといっても過言ではない。

服装からはどちらのファンかわからない。肌の色は綺麗な白で白人だが、場所的にはクラブアメリカの応援席だ。メキシコ人なのだろうか。

調べてみるとやっぱりでてきた。みんな注目しているのだ。>>【PHOTO】クラブW杯を彩る美女サポーターたち♥ | サッカーダイジェストWeb

だって屈強なおっさん達(サッカー選手)が映る緊張感がある中で、急にかわいい女の子が出てくるんだもん。目がいくし印象に残る。そしてこの子は動きも可愛かった。

 

おわり

レアルが危なげなく勝ち、まさかの鹿島の勝ち上がりで、決勝は欧州チャンピオンのレアル・マドリードJリーグ年間3位の鹿島アントラーズの対戦になった。

レアルの大量得点差での優勝が一番可能性がある気がするが、前半に0-0でいけたとしたら、もしかしたらもしかするかもしれない。そんな期待を持てるところがサッカーの面白いところだ。決勝は18日日曜日、注目したい。

 

 

slices.hatenablog.com