読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本人志の新たなる映像作品「ドキュメンタル」が、予告編だけでもう面白い件

f:id:slices:20161124053626j:plain

松本人志の新たなる映像作品が発表された。ファンにとっては朗報である。ただこれはテレビでも映画でもなく、Amazonプライムビデオでの放送なのだという。

natalie.mu

 

密室サバイバル「ドキュメンタル」

「ドキュメンタル」と題されたこの映像作品は芸人10名を集めて密室で笑わせ合いバトルをするというものらしい。「笑ってはいけないシリーズ」の派生系とも言えるかもしれない。

参加している芸人10名は一人100万円の参加費を用意する。そして6時間の間に笑わせ合いバトルを展開。最後まで笑わなかった一人が全員の参加費を総取り、つまり賞金1000万円を手にするのだ。

 

予告編がある。

www.youtube.com

なんかもうめちゃくちゃ面白そう。個人的にはくっきーのやつなんか、すでに爆笑してしまった。

 

気になる参加芸人は、宮川大輔FUJIWARA藤本、野性爆弾くっきー、東京ダイナマイトハチミツ二郎とろサーモン久保田、トレンディエンジェル斎藤、マテンロウ・アントニー、天竺鼠・川原、ジミー大西ダイノジ大池の10名。

これ、本当にいい人選だなと思う。ゴールデンによく出るような、ある程度立場のある芸人は少なめ。それでいて何をしでかすかわからないような、想像がつかない芸人が沢山いる。

 

比較的、売れている芸人は少ないのではないだろうか。その理由の一つとして、自腹で参加費100万円を払うというところがある。

100万円を払うのが余裕なほど売れている芸人は、この企画にかける本気度が下がるのではないかという考えだ。売れていない芸人ほど、100万円払うのは厳しいから本気になるし、1000万円を是が非でも取りに行くだろう。

さらに「ドキュメンタル」はMー1やキングオブコントなどの賞レースとは違って他人に評価されるものでもない。

自分が面白いことをやり、人の面白いことを笑わなければ勝ち上がれるのだ。完全に実力が出る環境だと言える。売れていない芸人の方がハングリーさがあって面白くなる気がする。

「ドキュメンタル」はこれまでになかった形の、本当にお笑いバトルと言えるかもしれない。真剣な勝負が見れるということは間違いなさそうだ。

 

Amazonプライムビデオ限定

「ドキュメンタル」はwowowでやっていた千原ジュニアの「40歳」というトークショーで松本が語っていたアイディアをそのまま形にしたものだ。その時は「wowowさんどうですか?」的なことを言っていたからwowowでやってくれたらよかったのに。

Amazonプライムビデオでしか見れないという。まあいつかDVDにはなるんだろうけど。

になる放送日時は、ちょうど一週間後の11月30日から配信されるとのこと。

 

おわり

「ドキュメンタル」はマンネリ化しきった「笑ってはいけないシリーズ」に対する現在の松本の答えだろう。真剣にお笑いを作るというスタンスの松本が戻ってきた感じがして嬉しい。

広告を非表示にする