読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本人志がイメージキャラクターのタウンワークのCMがコント掛かっていて面白い。

テレビ、ラジオ

最近のタウンワークのCMに思わず笑ってしまった。松本人志がイメージキャラクターを務めているリクルートのCMである。

f:id:slices:20161106035810j:plain

バイトするならタウンワーク

松本人志が出ているリクルートタウンワークのCMには、結構なバリエーションがある。

最初は「えーまっちゃんがタウンワークかよっ!」っていう驚きが勝っていた。「バイトするならタウンワーク!」と叫ぶ画が似合っていなくて、面白かった。

今回、最初のやつはなんだったろうとyoutubeで検索してみたら、たくさん出てきてどれだかわからなかった。というか、見たことがないのもいくつかあった。結構なペースでCMを量産しているようだ。

 

松本がイメージキャラクターを務め始めてからもう1年ほどが経つという。最近のタウンワークのCMはこなれてきたのか、ちょっとずつコント掛かってきている。

面白いのがこの「通訳」編だ。

www.youtube.com

ごっつええ感じ」のコントみたいな感じだ。それでいて、ちょうどよく笑いを抑えている感じ。

これまでのちょっとおかしなシチュエーションで「バイトするならタウンワーク!」と元気に叫ぶものとは急に毛色が変わった感じで、最初に見たときはニヤッとした。

 

直近のもので笑ったのが「告白」編。

www.youtube.com

バイトするならタウンワーク!」の謎の力強さの後、「いや、それは知らんわ」で笑える。間が良すぎである。CMとして見ているから、この感じにクスッとしてしまう。

 

メイキングも見れる

僕は昔からダウンタウンが好きなので、テレビ番組や作品などもそれなりに見てきた。

そんな中で、NHKの「プロフェッショナル」だったり、雑誌のインタビューなどで、裏の顔もたまに見ていた。

プロフェッショナルでは笑いを真剣に考えている姿などが見れて、新鮮だったのを覚えている。しかし、そこは笑いにストイックな松本人志、笑いを作っている最中でも必ずどこかに笑いがある。

このCMのメイキングでは笑いを作る松本ではなく、雇われている役者としての松本が見れる。要求通りに答えるクールなまっちゃんが見れるのである。

そこに笑いはない。冷静に確実に仕事をこなしている松本が見れる。

www.youtube.com

これがまた新鮮だった。「うわーこうやって仕事が進むんだー」という感じ。本当にただの現場である。緊張感が伝わってくる。そして女の子がかわいい。とてもかわいい。

 

おわり

今回youtubeで検索していたら、新作のCMがあった。「将棋」編である。これも冷静な感じでコント掛かっていて面白かった。

www.youtube.com

こういうのを見ているとやっぱり今の松本人志が作るコントが見たいなあと思ってしまう。ハードルが高くなりすぎているような気がするけど、なんか普通に番組で軽い感じでやっているようなのを見たい。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする