なんでここまでハロウィンが定着したんだろう。パリピ文化、承認欲求、クリスマスまでの場つなぎ

今日はハロウィンである。もう定着したイベントだ。なぜハロウィンはここまで定着したんだろう。

f:id:slices:20161031195241j:plain

 

 

パリピ文化、コスプレ文化

サッカー日本代表の試合で「勝ったら渋谷のスクランブル交差点を練り歩く」という謎のイベントが存在している。で、そこに集まるのは純粋なサッカーファンではなくて、エネルギーの有り余った若者だ。

何かにつけて騒ぎたい、盛り上がりたい輩がいるのだ。いわゆるパリピと呼ばれている輩である。このへんのパリピと渋谷スクランブル交差点の土壌がハロウィン文化を加速させているのだろう。

アニメ文化の台頭からくるコスプレ文化の進出も一つある。多分みんな普段の生活を忘れて1日くらい変化したいのだ。

そしてこうやって騒いだことや、変化したことをSNSでアピールすることによって承認欲求を得られる。そういうものに使われているのが日本のハロウィンだ。もはやバレンタインの経済効果を超えたイベントらしい。

 

カオス化しているハロウィン、火付け役はUSJ

日本のハロウィンは独自進化している。元々の宗教的な意味合いはもちろんなく、子供が「トリック・オア・トリート」とか言ってお菓子をねだるイベントでもなくなっている。

このハロウィンの盛り上がった理由と変化について、日本のユニバーサルスタジオジャパンが日本のカオス化しているハロウィンの火付け役になったのではないかとワイドナショーでやっていた。

USJがハロウィンイベントとしてゾンビメイクやホラー系仮装などを取り入れたことで、ハロウィンをなんでもありのイベントにしてしまった発祥の地と言われているらしいのだ。

このハロウィンというイベントの”なんでもあり”の状態がとっつきやすくて盛り上がりやすくてパリピに広まっていったのだろう。

 

ゾンビメイクの手軽さ

広まりやすかった理由として一つあるのは女子が仮装するには、ソンビメイクはちょうどいいということだ。

ゾンビメイクは自分の顔面のハードルを下げることができる。クオリティの低い顔面の持ち主でもゾンビメイクをすることで他人からの「かわいい」や「いいね」を得やすくなる。

今テレビを点けてみたら、なんの番組かわからないがアナウンサーの高島彩が白雪姫の仮装をしていた。このような仮装は顔面のクオリティーが必要となってくるから、なかなかできる人はいない。

いわゆるお姫様、主役の仮装はできないけれど、大勢いるゾンビなら仮装がしやすいし、顔面のクオリティも必要としていない。やりやすい仮装があるからこそみんなやる。そうしてハロウィンは広まったのだ。

ワイドナショーに出ていた高校生は仮装した自分の写真をSNSにアップして「いいね」を沢山もらいたいというようなことを言っていた。つまりはそういうことだ。SNS文化が人々の承認欲求を肥大化させているのだ。

 

クリスマスまでの場つなぎ

今年、夏が終わって9月にスーパーに行った時に、もうハロウィンの特設売り場が設置されていたのを鮮明に覚えている。「早っ」と思ったけれどハロウィンは10月31日だから2ヶ月を切っているわけだ。夏は他にイベントが沢山あるし、9月から始めるのがセオリーなのだろう。

考えてみれば、スーパーなどの小売店にとってはハロウィンは儲けるために恰好のイベントである。

イベントが沢山ある夏と、クリスマス、大晦日などで忙しい、書き入れ時の冬。その間に挟まれる秋は、思えばイベントがそれほどなかったのではないか。運動会などスポーツの秋か読書の秋か、その辺しかない。

夏と冬との間の場つなぎとしてハロウィンはハマったのだろうと思う。そして、明日になればもうクリスマスの特設売り場を設置しているだろう。

 

おわり

盛り上がりたいがためにやるパリピ、自分アピールのためにやる女子高生、家族サービスのためにやる松本人志、売り上げのためにやるスーパー。ワイドナショーに出ていたウーマン村本が言っていたが、芸能人などはこういうイベントに紛れて普段できなデートをしたりもするらしい。

そしてこの騒ぎででたゴミはアンチ西野と西野が片付けるわけである。なんだハロウィンは誰も困らない、いいイベントじゃないか。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする