読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【逆三角形の体になるための心得】腕立てだけで逆三角形の体を手に入れる

筋肉

男なら逆三角形の体に惹かれるはずである。肩幅が広くウエストが細めの体はシュッとして見える。

容姿はもうしょうがない部分があるが、体型は変えられる。逆三角形のかっこいい体は自分の努力次第で作れるのだ。

 

逆三角形になるためには

逆三角形の体になるためには、肩幅を増やすかウエストを減らすかしかない。

こういう寸胴な体の

f:id:slices:20161029180554j:plain

ここを増やすか

f:id:slices:20161029180634j:plain

ここを削るかである。

f:id:slices:20161029180757j:plain

お腹が出ている人ならまずウエストを削ることから考えたほうがいいだろう。しかし寸胴体型の人が逆三角形になりたい場合(僕の場合)ウエストを削るのはなかなか厳しい。

そうなるとやはり肩の筋肉や背中の筋肉をつけて、肩幅を大きくすることで逆三角形の体を手に入れるしかない。

 

自宅でできる自重トレーニングで

僕はジムに通わず、自宅で気が向いた時に筋トレをしている。自宅での器具のない筋トレだからもっぱら腕立てとか体幹トレーニングとか、いわゆる自重トレーニングだけをしている。

これが気軽でいいのだ。すぐにできるし気負わずできる。それほど負荷のかかる運動ではないので、僕のような筋トレ知識のない人でも体を痛めることもない。

というわけで、自宅でできる自重トレーニングの範囲で逆三角形の体を手に入れたいと思う。

 

腕立てだけで逆三角形の体を手に入れる

調べてみると自重トレーニングの中でも腕立ては結構万能らしい。肩、腕、胸、背中を鍛えられる。フォームを変えることで、上半身のほとんどをカバーできるのだ。

まずは逆三角形のために必要な”肩”を腕立てで鍛える方法。

www.youtube.com

見たこともないフォームである。腕立てでズルをしているような感じにも見える。

しかし、これがやってみると肩に結構効く。じんわりと両肩がだるくなってくる。

 

次に脇腹だ。多分広背筋とか言われている部分。背中側の脇の下から肋骨にかけてのあたりの筋肉だ。これは逆三角形の体を手に入れるためには、もしかしたら肩よりも重要かもしれない。

これも腕立てで鍛えられる。下の動画の3番目の腕立てだ。

www.youtube.com

動画で1:10あたりから。手の位置を腰寄りにしていく。これがかなりきつい。やりたくないくらいきつい。きついのは日常でほとんど使っていない筋肉だからだ。逆に言えばこれを継続してやっていくことで効果はすぐ現れる。

僕は少し前にこの腕立てを始めて筋肉がつき始めたことで、「もしかしたら逆三角形になれるんじゃね?」と思い始めた。つらいということはそこに筋肉がないということ。そのつらさを続けることで少しづつではあるが筋肉はついていく。

 

とりあえず僕はこの2つの腕立てを継続してやっていこうと思う。目指すはこのような逆三角形の体だ。

f:id:slices:20161029183234j:plain

注意点

逆三角形の体になるための注意点としては腹筋を鍛え過ぎないこと。特に腹筋の両側、腹直筋と言われている部分。ここを鍛えるとお腹周りにもしっかりと筋肉がついてしまうため、肩や脇腹を鍛えても逆三角形にはなりづらい。上半身がそのまま大きくなってしまうのだ。

 

おわり

どれくらい続ければ逆三角形になれるのかはわからないが、今日から地道にやっていこうと思う。

 

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする