読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ開設1年経過。そして毎日更新一年達成。なぜ僕のような怠け者が続けられたのか

ブログ

先日はてなからメールが届いていた。その内容はこんなもの。

f:id:slices:20161023210737p:plain

 そうだ。このブログを始めてからもう1年が経ったのだ。

 

はてなからは、こんなメールも届いていた。

f:id:slices:20161023211217p:plain

僕にとっては懐かしい記事である。ちょっと前の記事とかは全然覚えていないけど、このブログを始めた時の記事は案外覚えているものだ。慣れないから何度も書き直したりした記憶がある。

 

思えばこのブログの最初の記事は「伊集院光のてれび」の感想文であった。

slices.hatenablog.com

この番組にすごく感銘を受けて、とりあえず思ったことを書き散らし始めたのがこのブログを始めたきっかけだ。

伊集院光のてれび」は企画が緻密で面白い番組だった。この番組はブルーレイで作品化もされている。僕は「真剣じゃんけん」の回だけ買ったのだが、まだ見ていない。なんかこう、重い部分もあるからみるテンションになる時がない。発売した時にすぐに買ったから、もう半年以上は放置されていることになる。

ハードディスクに溜まった何本かの映画と同じように、本棚の肥やしになっている。

 

毎日更新一年突破

伊集院光のテレビ」がきっかけでブログを始めてから、毎日書くことはそれほど苦じゃないなと思い始めたので「毎日更新を1年間続ける」という目標を設定した。

そしてようやく1年が過ぎた。内容を考えれば特に価値があることではないのだけど、僕にとっては「続けられた」というだけでとりあえずの達成感はある。

ここで、なぜ僕のような怠け者が1年間毎日更新をできたのか振り返ってみよう。

 

アクセス欲

ブログ開設当初はアクセスが日に0件ということも少なくなかった。それほど気にしていなかったけど、徐々にアクセスが増えてくると嬉しいものだ。「もうちょっとだけ増えないかなー」と最初にはなかったはずの欲が出てくる。

こういう欲が原動力となっている部分が大きいと思う。アクセスが増えると嬉しいものだ。

 

タッチタイピング

ブログを書く上で、タッチタイピングができるようになったことは非常に大きい。思っていることをそのまま、ある程度滑らかに書くことができるようになった。文章を書くスピードは徐々に上がっていると思う。

タイピングはブログを書くのと同時にこういうタイピングソフトを使ったり↓

Macでブラインドタッチの習得ができる!1日5分でじわじわとタイピングが憶えられるソフト「タイピスト」。-Mac-AllSync

暇な時にウェブ上のゲームで鍛えたりした↓

Flashタイピング 【寿司打 - SushiDA -】

 

積み重なる気持ち

積み重ねてきたものが一瞬でなくなってしまう気がして、半ば強引に続けてきた部分もある。気合いのようなものである。

ブログに限らず他のいろんなことでも、「一度途切れてしまうともうそれで終わってしまう」というような経験は少なくない。せっかく習慣になっていることだから無理矢理にでも毎日書いておいて、その習慣を失わないようにと思って続けていた。

結果的に内容がないものをたくさん生み出してしまったような気がするけれど、まあ今の達成感のために必要なものだったのだ。

 思えばこんなクソみたいな記事も書いた。

slices.hatenablog.com

ただの酔っ払いの日記である。

 

おわり

とりあえずの目標を達成したので今は晴れ晴れとした気分である。今後もできる限り毎日更新は続けようと思うけど、それほど気にせず自由に書いていきたいと思う。 

 

広告を非表示にする