読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【オードリーのオールナイトニッポン】春日「朝起きた時から自分磨きは始まっている」

テレビ、ラジオ

パーソナルコンピューターという箱を手に入れてから、僕の目の間にはブルーオーシャンが広がった。

大量のCDを読み込ませてipodに同期するだけでその全てを持ち運べるようになった。DVDを買わずとも延々と見ることができるガキのフリートーク。自分という存在を隠して愚痴りまくりストレス発散できる掲示板。

いろいろなことが便利になり、生活が変わった。その一つに自分磨きがある。

先週のオードリーのオールナイトニッポン春日俊彰が自分磨きについて語っていたトークに共感した。

 

朝起きた時から自分磨きは始まっている。

この日のゲストは朝井リョウ。小説家としての才能はもちろんのこと、そのシュッとした容姿や的確な受け答えからは、「出来すぎている人」という印象があり、生活感が感じられない。

しかし、オードリーとは仲が良いようで、ラジオではかなり砕けたトークをしていた。

朝井リョウは性欲が薄そうだという若林が「朝井くん、自分磨きとかするの?」と質問。すると話題は春日の異常なる性欲の話へと移っていった。

 

たまにこのラジオで話題になるのだが、春日の自分磨きはすごい。御年37歳、未だに毎日の日課になっているらしい。それでいてそこにかける情熱がすごいのだ。まさに自分磨きである。

例えば土曜日の深夜1時〜3時のラジオの生放送の後は、帰宅して、3時半から5時までに行う心積もりがある。しかしそれが長引いてしまってもう「ぼくらの時代」が始まる7時まで突入してしまうなんてこともあるようだ。

長時間の自分磨きである。そのお供に文明の利器、パーソナルコンピューターがある。このおかげで自分磨きの質が上がったようだ。学生時代よりも自分磨きをしていると春日は語る。

その日の気温やスケジュール、疲労度などを考えてその時間は変わっていくらしい。パソコンを使ってネットで自分磨きをする場合、平均して3時間だという。やはり生まれながらにしてのアスリートである。

この毎日の3時間のために仕事をしていると断言する春日。トゥースも鬼瓦もカスカスダンスもボディビルもフィンもレスリングも、夜の自分磨きのためにやっていることなのだ。

春日に言わせれば、朝起きた時からすでに自分磨きは始まっているとのこと。日々の大きなモチベーションになっているらしい。

ただ、この自分磨きアスリート春日の話を笑って聞く相方の若林も若林である。若林は今ではもうコンビニに行くように風俗店に入っていくのだという。やはりオードリーは異常なるコンビである。

 

おわり

ただ、オードリーはラジオでここまでぶっちゃけるから異常なのであって、性欲という点ではどうだろう。みんな話さないだけでそれなりの性欲を持っているはずだ。

僕はどちらかというと春日に共感するのだ。僕もネットサーフィンで自分磨きをしているといつの間にか時間が過ぎていってしまう。

より良いものをと追い求め始める。太古から脈々と続いてきた狩猟本能が呼び覚まされてしまうのだ。

そうしていつの間にか時間が過ぎていて睡眠時間を削られる。そんな日は寝つきはいいけれど、次の日の朝にはすこぶる寝起きが悪い。そうやって無為に過ごした時間は計り知れない。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする