読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アジア最終予選】日本対イラク。ホームでイラク相手にギリギリの勝利で大丈夫?

昨日、サッカーロシアワールドカップアジア最終予選、日本対イラク戦が行われた。ホームで負けられない日本はアディショナルタイムに山口蛍のゴールで2-1の勝ち越し。なんとか勝ち点3をもぎ取った。

 

清武と原口がよかった

この試合で良い活躍をしたのは先制点に絡んだ2人、清武と原口だ。

この日清武はトップ下に入った。日本のエース10番香川をベンチに追いやった。

清武は今シーズンから所属するスペインのセビージャでは徐々に出場機会を失っている。移籍マーケットが閉まるギリギリでセビージャがナスリを獲得してから、出場機会がなくなったイメージがある。

しかし日本代表に戻ればしっかりと仕事をしていた。丁寧なボールタッチでカウンターの起点になれていた。先制点のランニングは素晴らしかった。

 

おしゃれな先制点を挙げた原口も非常に存在感があった。守備にも貢献、ドリブルもできる、点も取る。戦える選手という印象だ。

同じポジションには今回怪我で辞退した宇佐美という才能あふれる選手がいるが、総合的に見て原口の方が日本代表には必要な選手だ。「戦える」という点で宇佐美と大きな差があるなと思った。

原口はこの試合で最も活躍した選手と言っていいだろう。

www.youtube.com

日本の先制点。オフサイドっぽいけどイラクのディフェンスラインは気がついてない。アピールしてないね。

 

こんな相手にギリギリの勝利で大丈夫?

この試合を見ていてどうしても考えてしまうのが、ホームでこのイラク相手にギリギリの勝利でいいのかという疑問だ。

試合の序盤は両チームとも積極的な守備から始まる攻撃で、面白い試合だった。ただイラクの方が攻めの速さがあったので日本は押されている感じがした。

その後日本は2本目のシュートで先制。少し押され気味の内容ながらも先制点というかなりいい展開だ。

ここから日本にはもっと余裕を持ったパス回しをして欲しかった。これまでの日本はアジアならポゼッションサッカーができるチームだった。

 

しかしこの日の日本は前からガンガン来るイラクのフィジカル押しのサッカーに合わせてしまっていた。イラクのプレシャーの中で落ち着いたパス回しが少なかった。

このくらいの相手なら、もう少し相手をいなすようなプレーもできるはずなのに。

簡単なパスが少しズレる。そのパスはトラップでの調整が必要になるから、処理に無駄に時間がかかり次のパスの精度を下げてしまう。

スペインサッカーばかり見ている僕にとっては歯がゆさを感じる日本のパス回し。

やはりアジアレベルで戦う日本にとって、遠藤保仁という存在は大きかったのだなと思ってしまった。

 

おわり

後半アディショナルタイムの山口蛍のゴールはアツかった。僕は1人で見ていたけど、思わず声が出た。最高だった。

しかし、冷静に考えるとこのレベルでギリギリの勝利は不安が残る。

次はアウェーでの宿敵オーストラリア戦だ。ここでハリルホジッチ監督の手腕が問われることになるだろう。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする