車の定期点検でもらった「トヨタ博物館カレー」を食べてみた

先日、車の定期点検に行ってきた。半年に一度くらいハガキで連絡がくるやつだ。僕は面倒臭いのでほったらかしにしていることが多いけど、今年は車検もないし一応出してみるかと思い予約して行ってきた。

1時間程度の点検は何事もなく終わった。料金を支払った後で店員から「曜日サービスです」と言われ、こんなものをもらった。

f:id:slices:20160916183700j:plain

一瞬プラモデル的なものかと思ったが、平べったい箱に入っている。こいつはインスタントカレーなのだ。

定期点検の時、大体はウェットティッシュなんかを手渡されるんだが、この日はちょっとしたサービスデイだったしくこれをもらった。

「なんだよこれ」と思いながらもその気持ちを店員に伝えることなくあっさりと持ち帰る。

 

もらってから数日放置していたこのインスタントカレーを昨日食べた。

 

トヨタ博物館カレー

なにやらトヨタ博物館カレーと書いてある。トヨタ博物館というのがこの世のどこかにあり、そこのレストランで出されるカレーが人気だというので商品化されたものらしい。

Amazonで検索してみると確かにあった。

種類は幅広く展開されていた。ビーフカレーが辛口と甘口、チキンカレー、野菜カレー、豆カレーの6種類。

これがAmazonではなかなか評価が高かった。レビューの件数は少ないものの、軒並み高評価である。

f:id:slices:20160916184928p:plain

どうせならビーフカレーが良かったけど、僕がもらったのは豆カレー。パッケージの車は一番かっこいい。

今の車は全部ダサい。僕はトヨタカレーのパッケージにあるような昔の丸っこい車を見て育ったわけじゃない。それでもかっこいいと思う。だから、今の車がダサいと思うのは刷り込みではないと思う。単純にダサいのだ。

外見は昔で中身は現代のハイブリッドでこういう車を作れよと思うんだけどなあ。

 

それはともかく、カレーの味はまずまずだった。

僕はこういうインスタントカレーはほとんど食べない。このトヨタカレーをもらってからも、「こういうのは湯煎しなければいけないからめんどくさい」と思ってしばらく食べなかったのだけど、今のは電子レンジでいいらしい。裏面に丁寧に説明書きがあった。

箱の蓋を開けて箱入りのままでレンジにブチ込む。それで500w2分、600w1分40秒。楽チンだ。

 

カレーにおいてはどちらかといえば辛いのが苦手な僕にとっては少し辛いカレーだった。

一口目はまろやかで甘みがある。豆だからかなーなんて思いながら美味しく食べているといつの間にか額に汗がじわりと浮かんできた。あとからくる辛さなのだ。

箱の底面に辛さメーターというのがあり5段階評価での辛さは4だった。

 

Amazonで売っている全種類セットなんかはプレゼントにはいいのかもしれない。パッケージと中身は関係ないけど、車好きなんかにはいいだろう。

車の歴史を知りつつ(あるいは懐かしみつつ)中身は食べ物だから実用的だ。

 

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする