読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ストレスを減らすための方法】過去も未来も考えないで生きていくためには

最近こんな記事を見た。

headlines.yahoo.co.jp

至極真っ当な記事であった。簡単に言ってしまえば、今、存在しない過去や未来を考えてくよくよするなということだった。

 

ストレスを減らすための方法

この記事では日常で簡単にできるストレスを減らすための方法について書かれていた。

 

一般的には子供の方が大人に比べるとストレスを感じていないという。そりゃそうだ。大人の世間の辛さに比べれば子供の世界なんでメルヘンだ。

うまくは言えないけど、経験的に分かることだ。

この記事では子供の方がストレスを感じていない理由として、子供は意識が「今、この場所」に集中しているからだという。

子供は目に映るものが新鮮で夢中で暮らしているのだ。そんなわけで過去や未来について考える暇もないのだ。

 

ではどうすれば僕たち大人が子供の視点を取り入れられるのだろうか。これは余計なことを考えない練習が必要だという。

例えば利き手と反対の手で生活してみるといいらしい。やってみればすぐ分かることだけど、これがうまくいかない。

ご飯を利き手と反対で食べてみたり、歯を磨くのを逆にしてみたり。簡単にできないからこそ、頭の中に余計なことを考えるスペースが減り、結果意識を過去や未来など別の場所に飛ばさなくなるという。

 

そんなうまくいくかよと、利き手と逆で生活した方がストレスたまるじゃんと思う。しかしこの記事て言いたいことは「余計なことを考えるな」ということだと思う。それがストレスを減らすために必要なことなのだ。

 

自分をリセットする瞑想

余計なことを考えない、これですぐに思いついたのが瞑想だ。瞑想はちょっとスピリチュアル的な怪しげな響きを少し感じるのだが、意外に実践している有名人は多い。

あのアップルのスティーブ・ジョブズもやっていたことで有名だ。

瞑想というのは「何も考えない」ことをするのである。呼吸のみを意識して、何も考えずにただ時を過ごす。僕もやってみたことがあるけど、これはめちゃくちゃ難しいことである。

「何も考えない」を意識してもいろんな雑念が頭の中に浮かんでくるのだ。

何も考えないことはこれほど難しいことだったとはと思う。そこから逆に、普段はなんて無駄なことばかり考えているんだろうと思わされる。

 

実践している人は大体、1日の習慣に取り入れているようだ。瞑想は自分をリセットする行為なのだと思う。また新しい自分に生まれ変わるわけである。

僕もいつか実践できるようになりたいなと思う。

 

おわり

日々暮らしているとどうしても未来のことを考えてしまう。そして未来の不安を生んでいるのは過去だったりする。

子供の頃の夢中さを思い出して生きていきたいものである。

 

広告を非表示にする