読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シン・ゴジラ】ゴジラはなぜ東京を目指すのか?岡田斗司夫の見解は。

やっぱりシンゴジラ熱がまだ冷めない。誰かと話したいけど、タイムリーではないので話す機会もない。あれだけ話題になってヒットしたというのに、僕の職場で見ている人はいない。

というわけで話し相手がいないからここに書く。

<ネタバレ記事ですので、気にされる方は読まないでください>

 

物語に関わる部分での謎

シンゴジラはいろんな側面から語ることができる作品だと思う。俳優の演技、原子力、日本の官僚機構、エヴァンゲリオン、CGのクオリティ、過去作品へのリスペクト、ゴジラの歴史などなど。

庵野秀明監督らしく(と言っても僕はエヴァくらいしか見てないけど)多くの謎がちりばめられている。謎というか語りたくなるポイントが多い。これは庵野監督の狙ったところでもあるのだろう。

エヴァの時はそんな、謎がたくさんあってディティールにすら物語があるような感じが好きだった。しかし、おっさんになって今、もはやそんなことはどうでもいい。

ゴジラが停止した位置はあの作品へのオマージュだ!」とか割とどうでもいい。

気になるのは物語の筋に関わるところでの隠された真実だ。

 

なぜゴジラは東京を目指すのか?

以前ワイドナショー松本人志が「ゴジラがちゃんと東京を目指してくるところだけ引っかかった。和歌山あたりに来た方がリアリティーがある」というようなことを言っていた記憶がある。批判ではなく、そう言って笑いにしていた。

何がリアリティーかどうかはさておき、なぜゴジラは東京を目指してきたのだろうか?

子供映画ならそんなところは引っかからない。ただシンゴジラはそうではない。ゴジラ以外はリアルに描かれている映画だ。

岡田斗司夫の解説を聞くとやはりゴジラが東京を目指したのには理由があったようだ。そしてこれは物語の根幹にかかわってくる部分だった。

www.youtube.com

(((youtubeで「シンゴジラ」で検索すると3番目に出てくる。15万再生の動画。みんな見ているんだな。)))

 

岡田斗司夫によると、「ゴジラ=牧博士」であるらしい。

シン・ゴジラ」はゴジラを研究していた牧博士の自殺をほのめかすシーンから始まる。そしてその場で地鳴りが起きてゴジラが出現する。

 

牧博士の妻は放射能障害で亡くなったと劇中で描かれる。時代背景を考えれば第2次大戦での広島、長崎の原爆だとは考えられない。そうすると普通に考えると福島第一原発事故での放射能障害ということになる。

ゴジラを研究していた牧博士は自らがゴジラとなり、日本へ復讐するために東京を目指した。だからこそゴジラは一度海に帰ってからもまた東京を目指したのだ。岡田斗司夫の見解はそういうものだった。

牧博士が残した遺言のようなものであったり、ゴジラの情報であったり、ゴジラが人間の遺伝子すら持っているという事実だったり。そう思わせる部分が散りばめられているのだ。

実際はどうなのかはわからないけど、動画をみると「確かにそう解釈できなくもない、いや、そうだ!」と思わされた。

全くすごい設定を盛り込んだものだ。より一層物語が深くなる。

 

おわり

この、ゴジラが東京を目指す理由は動画で26分頃から語られる。岡田斗司夫の解説は面白い。

一度見るだけじゃ全然わからず、何度も見なきゃわからないような映画がある。そういうのはもはやうざいだけだ。

シンゴジラは一度見るだけでも十分に面白かったし、あれはどういうことなんだろうと謎が残るような話でもなかった。

しかしこういう解説を聞くとさらに深みを見せてくれる作品でもある。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする