オタキング岡田斗司夫のシン・ゴジラ批評。シン・ゴジラが強い理由と主人公が2世議員だった理由。

もう世間のシン・ゴジラ熱は落ち着いた感があるが、僕は見たばかりなのでまだ熱っぽい。

「見るまでは読まない」と我慢していた物語に言及したネタバレ記事などを今読み漁っている。

中でも目からウロコだったのが岡田斗司夫の解説だ。

 <以下ネタバレ記事です。気にされる方は読まないでください>

オタキング岡田斗司夫シン・ゴジラ批評

オタキングこと岡田斗司夫ガイナックスの元社長である。あのエヴァンゲリオンガイナックスだ。日本のアニメ、SFをずっと支えてきた人物である。

この人がニコ動の自分のチャンネルで、時事ネタなどをオタク目線の切り口で生放送でに喋っているのだが、これが面白いのだ。

今回youtubeで「岡田斗司夫 シンゴジラ」検索するとやっぱりアーカイブが出てきた。

www.youtube.com

www.youtube.com

シン・ゴジラを見て僕の想像力では全く追いつかなかったところを分かりやすく解説してくれていたし、気がつかなかったことがたくさんあった。

この動画を見るとシン・ゴジラがより楽しめるのは間違いない。

 

なぜゴジラは強いのか?

いろんなところで言われているのが、今回のゴジラは強かったということ。僕もそう思った。デカイし怖いし硬いし狂ってる感じでもう歴代最強(ゴジラシリーズ2、3作しか観てないけど)なんではないかと思うくらいだ。

なぜゴジラを強いと思ったのか。それは「敵が強いから」だと岡田斗司夫は言う。

僕たちはなぜ悟空が強いと思うのか。それは指先一本で星を破壊してしまうフリーザとか、バラバラにしても復活する魔人ブウとかデタラメな強さの敵に勝つからだ。強い敵に勝つというところで主人公の悟空の強さを感じるのだ。

 

今回はゴジラも強かったけど、自衛隊も強かった。僕も見ていていて「自衛隊いけるじゃん!」と思いながら見ていた。

住民の安全を確認してからの満を持して登場した自衛隊はかっこよかった。アパッチのガトリング砲の命中率はすごかった。一瞬でファサッとやられるかと思いきや結構粘っていたし、段階を踏んだ攻撃をしていて頼もしかった。

で、そんな自衛隊が通じず、もっとすごいであろう米軍がレーザービームでやられるからこそ「このゴジラ強すぎ…」と感じるのだ。

このゴジラの強さに対する絶望感と瓦礫と化した東京の街の描写によって見ている方は心をえぐられるのだ。

 

主人公が2世議員だった理由

なぜ主人公の矢口は2世議員だったのだろうか。これは僕も見ていて少し引っかかったところだ。

どちらかといえば、というか普通はこういうエンタメは叩き上げが主人公である。何のコネもなく才能もなかった男が政治家になって日本を変えるみたいなことの方が多いはずだ。

見る人のほとんどが平凡な人だから、そっちの方が感情移入できるのだ。見ていて気持ちがいいのだ。

だから主人公(長谷川博己と言うらしい。知らなかったけどいい俳優だと思った)は叩き上げで、対立する先輩議員の竹野内豊は2世という形で、それを逆転することによって見ている人の大半がカタルシスを感じるはずなのだ。

しかし主人公長谷川は2世議員だった。なぜなのか、これにはやっぱりメッセージがあったようだ。

 

ラストのヤシオリ作戦の時に長谷川は周りに反対されながらもゴジラを目視できる現場で指揮をとることになる。現場に出るということは被曝するということであり、被曝するということは子供ができなくなるということなのだ

家を継いでいる政治家にとって最も危険なのは子供ができなくなることである。ラストのヤシオリ作戦では「自分に子供ができなくなる=自分の政治家としての生命=今後」を考えた上で、このヤシオリ作戦に向かう主人公長谷川の固い決意を描いているのだ。

 

思えば現地でゴジラのレーザービームが飛んでくるシーンがあった。あの時に「ビームは夜の方が映えるのにな」とか「ビームがこのビルにかすったりした方がアツいんじゃね」とか思っていた僕は全くの子供視聴者である。

そう、子供の映画とかハリウッド映画ならあの作戦本部にレーザーが飛んできたりして何人かがあそこで死んで主人公は運だけで生き残った的な展開があってもいいのだ。

それをやらなかったのは長谷川の決意の重さと放射能の存在を描きたかったからなのだ。

この岡田斗司夫の解説を聞いて思い返してみるだけでそのことが痛烈に伝わってきた。

 

 

おわり

思えばヤシオリ作戦では死人は描かれなかった。福島原発事故で使われた放水車を思わせる血液凝固剤注入車が吹っ飛ばされるシーンでも人は描かれていなかったと思う。あのシーンでは見えない死を感じるからこそ胸に迫るシーンだった。

現場に立つ主人公長谷川の姿の裏には、見えない死のように、見えないが将来の道を絶った重い決断があったのだ。

 

震災からまだ五年しか経っていないというのに、ゴジラ放射能や除染シーンやあの防護服などを見ても「被曝すると子供にまで影響が出る」ということを僕の頭は忘れていた。

なんて言ったらいいのかわからないけど、映画を見るだけではこのメッセージがわからなかった自分に情けない気持ちになった。

 

 

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする