読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ナカイの窓】春日を知る人SP。ナカイの窓至上最弱のキャスティングの中で異彩を放つ中川パラダイス

テレビ、ラジオ

昨日のナカイの窓を見た。ナカイの窓は毎週テーマに沿ったゲストが集まりトークするという割とシンプルめな番組だ。僕はテーマが面白そうだったら見ることが多い。

昨日は「春日を知る人スペシャル」と題してオードリーの春日が主役の回だった。まだ日の浅いリトルトゥースである僕としては見逃せない回だ。

共演者には相方の若林はもちろん、プライベートで親交のある友人たちが、春日にまつわるトークをしていた。

 

ナカイの窓至上最弱のキャスティング

春日のギャグ連発から始まった今週のナカイの窓。ゲストたちがスタジオに入ってくると自然と笑いが出てくる。そして中居が「窓至上最弱のキャスティング」と突っ込む。

ゲストは相方の若林、そしてどきどきキャンプ佐藤満春ウーマンラッシュアワー中川パラダイス。まあここまではいい。芸人だ。

次はジャガー佐藤というボディービルダー。日本5位のすごい方らしい。上半身裸で現れていた。その次は水口ディレクター。テレビのスタッフである。

そして最後に紹介され、ひときわ異彩を放っていたのが中野のキャバ嬢。コサージュのゆうきだ。

これは全国ネットである。日本を代表するアイドルである中居正広冠番組だ。そんな華やかなテレビの世界で、このキャバ嬢の場違い感がすごかった。

じゃない方の芸人たちとテレビのスタッフとマッチョと中野のキャバ嬢という、混沌としたキャスティングが素晴らしかった。

 

中川パラダイスの変態性

トークはラジオを聴いているものとしては何度か聞いたことがあるようなものもあったけど、面白いものばかりだった。

中でも、やはり中川パラダイスの変態性が際立っていたなと思う。

オードリーのオールナイトニッポンでは春日とよくつるんでいる中川パラダイスの異常性がよく話題になる。彼はウーマン村本の横でただ「パーラダーイス」と言っているだけの人ではないのだ。

ナカイの窓のトークでもグイグイと入り込んだり、中居を引かせるトークをするなど縦横無尽だった。

春日とよく行くという合コンでは、春日とキスしたいから王様ゲームをしていると真顔で語り、スタジオを引かせていた。

 

どちらがレアかで人を見る

ラジオでも喋っていたと思うが、中川パラダイスは美しい女性とムキムキの男性を見ると後者に目がいってしまうのだという。その根拠は、自分にとってどちらがレア(貴重)かというものらしい。

だからこそ最近ボディビルを始めた春日に惹かれているという。春日も性的な意味で身の危険を感じるほどだ。

一応言っておくと中川パラダイスは結婚をしていて子供もいる。社会的にはちゃんとした人だ。

 

どちらが貴重かということによって目が行くというのは案外理解できる。ただ、その対象が人というのが理解できるようなできないような感じだ。

まあ確かになと思うところもある。「100%それは違う」と言い切れる事でもない。

美女とムキムキ男性を比べるから何かおかしい気がするのだが、例えば美女とムキムキ女性だったらムキムキ女性の方が珍しいから見てしまうし、話を聞いてみたいと思うかもしれない。より貴重な方が面白そうだからだ。

中川パラダイスが変態であることには間違いはないけれど、彼の理論に納得できなくはない自分もいて、なんだかモヤモヤする。

 

おわり

そういえば最近の春日のラジオのトークでは、今回のナカイの窓に出てきたゲストたちの話はあまりでこない。最近はテレビ収録の裏話とかが多い。

それでいて若林が春日のトークをいじる頻度が上がってきている。急に無茶振りをしたりして、まるでアンタッチャブル山崎のように春日のトークをいじっている。若林のザキヤマ化である。これがまあ面白い。

今週のオードリーのオールナイトニッポンではこの日のナカイの窓の収録模様のトークがあるのだろうか。楽しみである。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする