【リオオリンピックサッカー】ブラジル、デンマーク相手に4ゴールで五輪初勝利。グループステージ1位通過!

グループステージの2試合が終わって未だ勝利なし。開催国のブラジルは苦境に立たされていた。

金メダルが至上命題のはずのブラジル。この不甲斐なさにサッカーの神様ジーコが辛辣なコメントをするほどだ。オーバーエイジで召集されているキャプテンのネイマールを痛烈に批判している。

news.livedoor.com

 

この批判が効いたのか、はたまたようやく運が向いてきたのか、ブラジルはデンマーク相手に4発のゴールを決めて勝利し、グループステージを1位で通過している。

 

ようやくこじ開けたゴール

南アフリカ戦、イラク戦合わせて41本のシュートを放ったが得点できなかったブラジル。デンマーク戦ではこの2試合が嘘のような、ゴールラッシュだった。

 

こじ開けたのはバルボサ

ブラジルの先制点はバルボサだった。左サイドのドウグラスのクロスに飛び込んだ。ブラジル待望の今大会初ゴールだった。

www.youtube.com

前半26分の先制で、時間帯も良かった。試合開始早々からブラジルはアグレッシブで強い気持ちで臨んでいた姿勢がそのまま結果に現れた。

このゴールのアシストは左サイドバックドウグラス・サントス。ここまで2試合は存在感がなくて、僕は正直ブラジルの穴のように感じていたのだが結果を出した。

ドウグラスは3点目もクロスでアシストしており、調子が上がってきた感じだ。ネイマールとの関係性もよくなってきた。

 

ネイマールが奮起

この試合のネイマールはチームの起点となって素晴らしいプレーをしていたと思う。これまでよりもボールを持ちすぎず、周りをうまく使っていた。

この試合の得点はクロスからが多かったが、そこまで行くのにチームにスイッチを入れる重要なパス出しをしていた。

ただ、やっぱりゴールは欲しいようでミドルシュートは何本か打っていた。それもまあ悪くはなかった。何より、持ちすぎなくなったことによってチームにリズムが生まれだしたのがこの試合の収穫だろう。

ネイマールはサッカーの神様に名指しで批判されたのだから発奮していたのかもしれない。それがいい方に出た。

 

おわり

ブラジルの思い通りにいった試合だった。得点が生まれるだけでこれほどまでに違うのかという感じだ。デンマークにゴールチャンスはなかった。

ブラジルが押し込んでいたし、リードされてから点を取るために前がかりになってきたデンマークにも落ち着いて対応していた。スペースができたから逆にのびのびとやっていた感じだ。

大量得点で選手を休ませることもでき、御の字の結果。これまでの2試合は試合終了とともに大ブーイングだったが、この試合の終了後は観客から拍手と歓声が上がった。魅力的なブラジル本来の試合だった。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする