読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リオオリンピックサッカー】日本はスウェーデンに勝利もグループステージ敗退。大島僚太がずっとうまかった件

サッカー

リオオリンピックサッカーの日本代表のグループステージ第3戦、スウェーデン戦が今朝行われた。

内容で勝った日本が1-0で勝利。リオオリンピックでの初勝利となった。しかし同時間帯に行われたコロンビア対ナイジェリアでコロンビアが勝利したため日本はグループリーグ3位となり決勝トーナメント進出はならなかった。

 

内容でも結果でも勝った試合

徐々に良くなってきた感のある日本。まあ所詮のナイジェリア戦の不甲斐なさを思えば、当たり前ではある。

この試合はスウェーデンに疲れが見え、日本の方が試合の流れをつかんでいた。

 

藤春はスタメン落ち

コロンビア戦で決定機を外し、オウンゴールの失態を犯したオーバーエイジサイドバックの藤春は大会初のスタメン落ち。

やはりそういうことになるだろう。安定しないオーバーエイジよりも当たって砕けてもいい若手を起用すべきなのだ。室屋が左サイドバックに入り亀川が右で今大会初スタメンとなった。

 

日本のゲーム

ほぼほぼ日本が思い通りに持って行った試合だった。スウェーデンの時間帯になっても、メリハリのある守備で押し込まれなかった。

スウェーデンの守備はきっちりとしたラインで組織的だったが、対人でのプレッシャーはそれほど強くなく、日本はボール保持できた。日本は落ち着いてパスを回せたので、そこから攻撃のリズムが生まれて行った。

 

ラストの精度

日本の形が作れていたため、あと必要なのはラストの精度だけだった。ラストパスの精度、シュートの精度、これがもう少し高ければもっと楽に試合運びができていただろう。

やはりクロスの精度やシュート精度が低い印象だった。

 

手倉森監督の采配が当たる

後半も日本が試合を作っていた。悪くない流れの中で先に動いた手倉森監督。疲れがあるのだろう、コロンビア戦ほどは動きがよくなかった南野を下げ、矢島を投入。

後半の15分にはコロンビア戦でワールドクラスのプレーを見せていた頼みの綱、浅野も交代。確かに浅野は一度くらいは裏へ抜けてスピードでチャンスを作ったが、日本が押し込む展開によりスペースが少なかったため、それほどスピードが活きる場面がなかった。

南野、朝野は攻撃において一発で打開するプレーもできる選手なのでここで交代というのは思い切った采配だったと思う。

しかしその采配が当たり、大島のクロスに矢島が飛び込み先制ゴール。鈴木武蔵も得点チャンスが多かった。交代によって明らかにいい流れになった。

 

武蔵は微妙

ただ、鈴木武蔵は微妙だった。コロンビア戦の時に「体強そうだしダイナミックなプレーしそうだし気持ちも強そうだしなぜ鈴木武蔵を使わないんだ」と思っていた。

しかし使わない理由がわかった。彼はボールが落ち着かないのだ。動きやポジショニングは悪くないけど、自分のボールタッチのミスのせいで相手に奪われることが多かった。

 

大島僚太がずっとうまい

なぜ彼はナイジェリア戦に先発していなかったのだろう。スウェーデン戦ではミッドフィルダーの大島亮太という選手が1試合通してずっとうまかった。

落ち着いたボールタッチでつまらないミスがない。得点シーンなどはチャンスと見るやドリブルで突破していく。それも安定感のあるドリブルだ。

一つギアを上げてスピードで裏へ抜けるドリブルが素晴らしい。 

 

このプレーなんかはイニエスタがいるのかと。素晴らしいマルセイユルーレットの後にテンポのいいパス。

簡単に捌くところは捌くし、行ける時は行く。判断も技術も素晴らしい。A代表に呼ばれた経験もあるようだし、大島はきっと日本代表で活躍する存在になるだろう。

 

おわり

日本サッカーのリオオリンピックが終わってしまった。まあ勝ったところで裏の結果次第という難しい状況だった。1位突破を決めているナイジェリアが本気でコロンビアを相手にするとは思えない。コロンビアの勝利の可能性は高かった。

やはり初戦のナイジェリア戦がすべてだったのだろう「初戦が大事」とはよく言ったものである。まさにそうだった。

あの初戦、「なぜいつもと違うフォーメーションだったのか?なぜキーパーが違ったのか?」色々疑問はあるがもう終わってしまったことだ。

今回のスウェーデン戦が良かっただけに、あともう1試合くらい見てみたかったという思いが残った。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする