読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リオオリンピックサッカー】日本対コロンビア、悔やまれるドローも日本は決勝トーナメント進出の可能性を残す

 

リオオリンピックサッカー日本のグループリーグ第2戦が行われた。

日本は第1戦とは違い積極的なプレーで試合の流れをつかんだ。ゴールチャンスも多く作り出し、コロンビアよりも内容では勝っていたと思う。勝てる試合、勝つべき試合だっただけに悔やまれるドローとなった。

この結果により日本はグループリーグで3位。かろうじて決勝トーナメント進出の可能性を残した。

 

変えてきたスタメンとフォーメーション

まず、守備が崩壊してしまった初戦のナイジェリア戦から、日本はどう修正をしてくるのがが注目だった。

この試合ではフォーメーションを4-4-2に変更。浅野と興梠の2トップだ。なんでも、これまで日本は2トップでやってきていたらしく、これが慣れ親しんだフォーメションらしい。

この2トップは非常に良かった。興梠のポストプレーと浅野のスピードというはっきりした個性が出ていた。なぜナイジェリア戦でこの慣れ親しんだフォーメーションで望まなかったのか、意味がわからない。

まあこれは浅野をジョーカー(選手たちが疲れてきた後半に使うなど)として使いたいという手倉森監督の妙なこだわりだったのだろう。

相変わらずフォーメーション図を出してくれないNHK

 

守備の4人は変わらず。少し驚いたのだが、現状だとベストなのだろう。

キーパーはさすがに変えてきた。どうやら初戦のキーパーはJリーグで試合に出ていない選手だったようだ。試合勘というものがなく、いきなり初戦先発は荷が重かったのだろう

本日先発の中村航輔はナイスセーブもあり、安定していたと思う。2失点はキーパーとしてはどうしようもない失点だったのでしょうがない。ここもなぜ初戦から彼を使わなかったのか謎である。

たらればすぎるかもしれないが、なぜ初戦からこのフォーメーションとメンバーで挑まなかったのか、疑問である。

 

点を取っておきたかった前半

日本は明らかにナイジェリア戦より良かった。積極的な守備と積極的な攻撃ができていた。

特に初戦に出ていなかった14番の井手口という選手が良かったと思う。守備的ミッドフィルダーだが、はっきりとしたプレーとで足の速い潰しで聞いていたと思う。日本がリズムをつかむきっかけになっていた。

ナイジェリア戦では散々だったサイドバックの室屋も非常にいい攻撃参加をしていた。もともと攻撃的なサイドバックだったようだ。連携がなかなか良かった。

 

本当に初戦とは見違える内容を見せてくれた。勝てる試合だなと思わせてくれた。日本の時間帯が続くいい内容の前半だったので1点でも取っておきたかった。それが悔やまれる。点を決められるチャンスは確実にあった。

日本は運動量豊富に戦っていたのでコロンビアに勝っていたという感じだ。ただ、その頑張りが最後まで持つかは疑問だった。しつこいようだが、だからこそ前半のいい内容のうちに点が欲しかった。

 

いろいろ凝縮された後半

後半も主導権を握る日本。立ち上がりから浅野のシュートがバーを叩く。惜しいシュートだったが、このシュートで後半も勢いに乗れた感じがある。

日本にとっていい時間帯が続いたが、コロンビアが数少ないチャンスを生かした。シュートはディフェンスの足にあたりコースが変わりゴールへ。コロンビアのオーバーエイジグティエレスの流石の決定力だった。まあしょうがない失点かなと思う。

失点するとすぐに2枚替えした日本。南野と大島を入れる。すぐに動く積極的な采配だった。

が、しかし日本に2失点目が生まれる。オーバーエイジ藤春がボールの処理を誤りオウンゴール。足がもつれていた。迷いがあったのだろう。ああまたナイジェリア戦のようなネタ試合かとがっくりきた瞬間だった。

 

しかし、すぐさま浅野が一点を返す。キーパーの手を弾くパワフルなシュートをたたき込んだ。

2点を取り引いていたコロンビアだったが、そんな引いて密集しているディフェンスラインも崩せる日本の見事な攻撃だった。大島、南野という交代した2人が絡み、すぐに結果を出したゴールでもあった。

 

日本は1点を返したことでまたいい流れを掴む。代わって入った大島と南野が非常に効いていた。見ていて期待できるサッカーをしていた。

コロンビアに疲れが見えていたので、途中交代でこの2人が入ったことは大きかったっと思う。手倉森監督の素晴らしい采配だった。

そんないい流れの中、中島のうますぎミドルシュートが決まる。

素晴らしいゴールである。思えば彼は予選でも素晴らしいミドルを連発していた。ここで結果を出すとはさすが日本の10番である。思わず「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と叫んでしまった。

 

残りの時間も最後まで日本は攻め込んだが、惜しくも引き分けに終わった。

 

おわり

オウンゴールでの2点ビハインドになった時はナイジェリア戦の悪夢がよぎった。「またかよこのチームは」と思った。しかし最後まで諦めない姿勢でゴールを生んだ攻撃陣は素晴らしかった。

前半の積極的な守備で後半の疲れを心配したが、杞憂に終わった。コロンビアの方が足が止まっていた。

今見たばかりでこれを書いているけど、いい試合を見たなという気持ちだ。

日本の決勝トーナメント進出はまだ可能性はある。今日のような試合をしてくれれば次の第3戦の相手、スウェーデンにも勝てるはずだ。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする