読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リオオリンピックサッカー】第一戦から好カード連発。スウェーデン対コロンビア、メキシコ対ドイツ、ポルトガル対アルゼンチン。

サッカー

リオオリンピックサッカーは開催国ブラジルの試合と、我らが日本代表の試合を見た。この2つの僕の目当てのチームは未だ勝利がない。

他にも気になる国はある。ドイツ、アルゼンチン、メキシコあたりが気なる。

これらの僕の気になる国々の試合は、順々にNHKが試合を放送してくれると思っていたが、どうやら放送はないらしい。各国の第一戦はもう終わってしまったようだ。

 

結果だけでも気になる。というわけで調べてみると、NHKyoutubeチャネルにダイジェストがあったので見てみた。これがなかなか面白い展開になっている。

 

スウェーデン対コロンビア

ブラジルの試合と日本の試合の他に、眠い目をこすりながら半ば記憶がなくなりがならこの試合は見た。

欧州1位と南米2位の対戦だ。なかなかアツイ。そしてスウェーデンがなぜヨーロッパで1位なのかわかった試合だった。スウェーデンは強い。

www.youtube.com

結果は2-2の引き分けだった。しかし試合を動かしていたのはスウェーデンだったと思う。両チームとも個人の能力は高かったが、チームとして連動していたのはスウェーデンだった。

コロンビアもオーバーエイジに英雄グティエレスを持ってくるという本気度だ。

日本が入っているこの組グループBは今後アツイ展開が予想される。

 

メキシコ対ドイツ

第一戦からこの好カード。メキシコはロンドンオリンピックの王者だ。 知らない選手ばかりだけどいつも安定した技術水準の選手を輩出している国である。

自国リーグが充実しているのだろう。クラブワールドカップでメキシコのチームが出てくるとそう思わせられる。

一方ドイツもそれは同じ。というかドイツの方がその上でワンランク上なイメージだ。23歳以下で若くとも、チャンピオンズリーグに出るようなチームで出場している選手もいるようだ。

www.youtube.com

ここも2-2で引き分けに終わった。得点シーンからはレベルが高い試合であったことを感じる。ドイツの1点目のアシストなんかはまさに世界レベルだ。

 

ポルトガル対アルゼンチン

ここも屈指の好カードだ。欧州2位と南米1位の強豪対決となった。

アルゼンチンはオリンピックサッカーには強いイメージがある。調べてみると前回のロンドンの前、アテネと北京と2連覇を果たしているようだ。

ユーロ2016の優勝が記憶に新しいポルトガルだが、この世代も強いようだ。自国のリーグも強いから育成がしっかりしているのだろう。 

www.youtube.com

結果はまさかのポルトガル2-0アルゼンチン。このダイジェストでしか見ていないから、試合内容がどうだったのかはわからないが、結果で2点も差がつくとは思っていなかった。

しかしアルゼンチンの2失点目は辛い。キーパーのミスと言える。シュートが手元で少しぶれたりしたのだろうが、こういう大きい大会でああいうプレーはダメージが大きいだろう。

 

おわり

僕は特に注目していなかったし見るつもりはなかったオリンピックのサッカーだが、実際始まって見てみるとやっぱり面白い。

特に今回はナイジェリアの騒動があったから、いつものオリンピックよりもサッカーに注目している人も多いかもしれない。

日本の第二戦、対コロンビア戦は8月8日の月曜日、BS1で放送があるようだ。ここで勝てれば遠ざかってしまった決勝トーナメントが見えてくる。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする