【Kindle日替わりセール】セールの戦利品がどんどん溜まっていく問題

皆さんは毎日欠かさず見るサイトはあるだろうか?

僕はある。毎日更新を心がけているこのはてなブログがそうだ。それともう一つ「Kindle日替わりセール」のページだ。

 

Kindle日替わりセール

kindle日替わりセールというのは、Amazon電子書籍Kindle本)を毎日一冊、日替わりでセールを行っているものだ。

今日はこれだ

f:id:slices:20160718205501p:plain

今日は1年ほど前に発売された「『爆買い』後、彼らはどこに向かうのか??中国人の本音、日本人の戸惑い」という本がセールになっている。

単行本で買うと1620円のこの本が、今日だけ、Kindle日替わりセールなら599円で手に入る。6割引以上なんである。それが今日だけ。

Kindle日替わりセールはその名の通り毎日日替わりで、しかも今日のように6割引以上くらいでやっている。僕はほぼ毎日見ているけど、半額以上であることまま違いないと思う。かなりお得なのだ。

 

僕はこのページをブックマークしておいて毎日見るようにしている↓

www.amazon.co.jp

毎日午前0時に更新される。その割引率がすごいので、気になる本があったらとりあえずポチるという習慣ができてしまった。

 

 今週のお題「セールの戦利品」

そういうわけで僕のkindleアプリの中にはセールの戦利品がどんどん溜まっていくわけである。本が安くなって買う量が増えたからといって読むペースは上がっていないのでどんどん溜まっていく。

溜まっていくけどデータなので気にせずポチる。これが電子書籍のいいところでもある。思えばこのブログで取り上げた本はほとんどセールで買った本だ。

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

セールで買うのは本当に興味があるものというよりは、何かちょっと自分を助けてくれそうな感じのするビジネス本や自己啓発本になりがちだ。安いからとりあえずポチる。

ポチってすぐに読み始めるということはこれまでに一度もない。とりあえず自分の懐に入れておく感じだ。なんせセールだし、それも日替わりだからである。このチャンスを逃すとこの本を買うタイミングは一生失われるわけである。

 

おわり

ほとんどの人がそうかもしれないが、セールという響きに僕は弱い。それはどうせなら安く買いたいという卑しい心の表れなのだ。卑しい自分と毎日対峙しながら僕はKindle本をせっせとポチっている。

 

広告を非表示にする