読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ユーロ2016】準決勝ウェールズ対ポルトガル。ベイル対クリスティアーノ・ロナウド

サッカー

今朝、ユーロ2016の準決勝、ウェールズポルトガルが行われた。初出場でベスト4まで勝ち上がって勢いに乗るウェールズと3位上がりで90分での勝利がなくとも勝ち上がる実力のあるポルトガルの対戦だ。

 

ベイル対クリスティアーノ・ロナウド

ウェールズポルトガル。これはどうしたってベイル対クリスティアーノ・ロナウドの対戦というところに注目が集まる。

この2人は今シーズン、チャンピオンズリーグをものにしたレアル・マドリードのチームメイトである。自国に帰れば国を率いる英雄同士だ。

 

ベイル率いるウェールズ

ここまで国を率いてきた感が強いのはベイル。チーム一体となってタレント軍団のベルギーを制してベスト4まで勝ち上がってきた。

ほとんどのサッカーファンがウェールズがここまで上がってくるとは思っていなかったのではないだろうか。しかしベイルとラムジーを柱とした攻撃と、気持ちの入った堅い守備であれよあれよと言う間にここまできた。

ウェールズは一体感あって好印象で、思わず応援したくなるチームだ。

 

ロナウド率いるポルトガル

レアル・マドリードでプレーしている時よりも少し目立たないのがロナウド。研究されているということもあるかもしれないが、今大会では彼らしいミドルシュートはあまり見られない。得意のフリーキックでは壁に当ててしまう印象が強い。

地力があるのでここまで勝ち上がってきたが、正直なところポルトガルの試合で内容が面白かったものはなかった。

 

主力選手不在の両チーム

怪我やイエローカードの累積などで両チームとも主力の選手が不在の試合となった。これまでの激闘の結果を物語るものでもある。しかし万全の状態のチームを見たいというのが正直なところである。

 

ウェールズラムジー

ウェールズにおけるラムジーの存在はあまりに大きい。ベイルが前線で輝けるのも中盤のラムジーが世界レベルのプレーをしているからである。

残念ながらこの2人以外のウェールズの他の選手たちは世界レベルから少し劣る。それを気持ちでカバーしているからウェールズは応援したくなるわけだけど。

 

ポルトガル、ペペ

ポルトガルのぺぺ不在も大きい。彼は守備の要である。準々決勝ではMVPと言える活躍をしていた選手だ。

すこぶるダーティーなイメージがあって僕は嫌いな選手ではあるのだけど、いいときは本当に素晴らしいセンターバックだなと思う。対人のディフェンスは本当に強い。

 

ウェールズ0-2ポルトガル

結果はクリスティアーノ・ロナウドとナニのゴールでポルトガルが勝利した。

両チームとも慎重にサッカーをやっていた印象で、攻めの形が見られなかった。そこへ後半開始早々にコーナーキックからクリスティアーノ・ロナウドの圧巻のヘッドでポルトガルが先制。立て続けに追加点も取れて試合を決めた感じだった。

ウェールズはやはりラムジーの不在を大きく感じた。ベイルが中盤に下がって奮闘していたシーンも多かったが、中盤でプレーするベイルの先にはもちろんベイルはいないのでパスの出しどころがない。ここはポルトガルの守備も良かったと思う。

ベイルは遠目からのロングシュートを枠に飛ばすなど、さすがの活躍を見せたが得点までは至らなかった。

 

おわり

ポルトガルは12年ぶりの決勝進出だ。グループリーグを未勝利にもかかわらず首の皮一枚で3位通過し、決勝トーナメントでも90分で勝てない試合が続き、準決勝で初めての90分での勝利。本当に粘り強いチームだ。

決勝ではドイツとフランスの勝者と当たる。本当に実績のある強豪とようやく当たるわけだ。これに勝って実力の証明をしてほしい。

クリスティアーノ・ロナウドの初のユーロとなった2004年の自国開催のユーロでは、惜しくも決勝で涙を飲んだポルトガル

当時19歳だったスーパースターももう31歳、ユーロは今大会で最後と目されている。このクリスティアーノ・ロナウドがまた決勝の舞台に立つとは、ファンでなくとも感慨深いものを感じる。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする