読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ユーロ2016】ダークホースの山からはポルトガルとウェールズ!ポーランド対ポルトガル、ウェールズ対ベルギー感想

サッカー

ユーロ2016もいよいよ佳境だ。ベスト8が出揃いベスト4が決まる。楽しみな反面、もうそろそろ終わってしまうなという寂しさがあったりもする。

 

ポーランドポルトガル

延長PKまでもつれ込んだ試合はポルトガルが制した。グループリーグを3位というギリギリで突破、90分間では未だに勝利していないポルトガルがベスト4。こういう大会の面白さを感じる。

試合は開始早々に行きなりポーランドレヴァンドフスキーが先制弾。試合は面白くなるが、ポルトガルレナト・サンチェスが同点弾を決めるとそのまま延長PKまでもつれ込んだ。

後半終盤あたりは両チームとも延長を見据えた戦い方で少しつまらない戦いだった。

 

ポルトガルの次代のスター、レナト・サンチェス

見事同点ゴールを決めたレナト・サンチェスはまだ18歳。この試合で大会初先発を果たした。延長まで走り回る体力と、つなぎで落ちついたプレーぶりが光った。中盤で動き回りボールタッチが多く、つまらないミスもない。質の高さを感じた。

途中からサイドにポジションを変えると少し光を失ったが、この試合ではディフェンダーのぺぺに次いで素晴らしい出来だったと思う。

まだ18歳である。ポルトガルの次代を担うのはこのレナト・サンチェスになりそうだ。レナト・サンチェスはクラブではベンフィカから来シーズンは強豪バイエルン・ミュンヘンへとステップアップが決まっている。

 

ウェールズ対ベルギー

両チーム共通の相性は赤である。赤い竜対赤い悪魔の対決は赤い竜が制することとなった。

大会の初戦でメンバーが揃う割にグダグダな内容で世界をがっかりさせたベルギー。決勝トーナメント初戦ではハンガリーを4-0で下し「やっぱり強い」という印象をつけたが、またグダグダなベルギーに戻ってしまっていた。

ナインゴランの見事なミドルシュートで先制するも、そのあとが続かなかった。相変わらず攻撃に連動性がなく、チャンスはあったが最後まで決めきれないルカク

ベルギーはディフェンスラインに怪我人と出場停止が重なったこともあるが、あまりに頼りない守備だった。これは選手起用、戦術などが原因なので、監督の腕と言っていいのだろうと思う。

ウェールズはチーム一丸となってできることするというシンプルな戦い方だった。中でも中盤のラムジーとアレンが素晴らしかった。

ウェールズの逆転ゴールはロブソン・カヌのゴール前で3人置き去りの見事なクライフターンからのシュート。盛り上がる展開だ。さらに後半40分の追加点は交代で入ったヴォークスがワンチャンスをモノにした。ウェールズの勢いはすごかった。

www.youtube.com

 

おわり

どこが勝ち上がってもおかしくなかったダークホースの山からは、ポルトガルウェールズが勝ち上がった。

これでクリスティアーノ・ロナウドガレス・ベイルというレアルマドリードでのチームメイト対決が実現することとなった。

地力ではポルトガル、勢いではウェールズという感じだ。面白くなりそうだ。

しかしここまでウェールズを牽引してきたラムジーイエローカードの累積で準決勝は出場停止なのが痛い。試合終了時、皆が喜ぶ中、喜びとともになんとも言えない表情を浮かべているラムジーがいた。

広告を非表示にする