読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉がものすごくある舛添さんと、最近筋肉がついてきた僕の筋肉痛の話

筋トレを始めたおかげで最近は筋肉痛の日が多い。1日置きとか2日置きにやっているが、昨日張り切って筋トレをしたので今日は体がものすごくだるい。

 

筋肉痛はいいことなのか

僕が主にやっている体幹トレーニングでは胴体の筋肉を鍛えているので、筋肉痛になるとなんとなく体全体のだるさを感じるようになってしまう。昨日は少しやりすぎたようだ。今日は何もする気が起きない。

筋肉痛は基本的にはいいことだと思われる。筋肉を破壊して新しくて強い筋肉が出来上がる。スクラップアンドビルドな訳だ。

しかしこのページを見るとそう簡単なものでもないらしい。

blog.livedoor.jp

筋肉が張って体が硬くなると怪我をしやすくなるらしい。確かに今日筋肉痛の僕は体が硬くて動くのが億劫な感じになっている。同時に柔軟もしたほうがいいようだ。

 

私は筋肉がものすごくあるので

さて筋肉痛の僕は部屋着のサイズアップを検討している。今僕が夏の部屋着としてきている服はもう外では着なくなったヨレヨレのTシャツだ。ガリガリ時代に買った物ばかりだからMサイズが多くて割とぴったりとしている。

僕も舛添さんほどではないけど筋肉が少しついてきたので新しいものに変えなければならない。僕の場合は政治資金などないので自腹で買うしかないのだ。

それにしても最近の舛添さんは面白い。そして今回の話題は勉強になった。

beenz-jp.com

舛添さんは筋肉がものすごくあるので書道をする際はスーツではなくシルクの中国服を着る必要があるらしい。

なるほど確かにそうである。僕もブルーカラーの職場の作業着は綿100%のものはこの時期よくない。少しの汗でも体に張り付くのだ。張り付いて動きを制限される。

この時期はポリエステル製のものが重宝される。サラサラしていて快適なので汗もかきにくいし、するっとしていて動きやすい。

大都会東京の知事ともなればポリエステルなどではなくやはりシルクの中国服が必要なのだろう。

 

おわり

舛添さんはこのまま都知事を止めてしまうのだろうか。一ヶ月前の時点で世論の90パーセントは辞任を要求しているとの報道もある。

www.j-cast.com

僕は舛添さんに辞めてほしくない。これほどまで追い込まれた彼はもう今後はおかしなことはしないだろうし、実務で結果を残そうとするはずだ。

それに、この舛添さんを見抜けなかった都民がまた今度しっかりした知事を選べるとは到底思えない。選挙するだけ税金と時間の無駄である。

 

 


 

広告を非表示にする