読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ロックの日】梅雨の空を眺めながら聴きたいちょっと懐かしい日本のロック6選。

音楽

今日は6月9日。ロックの日である。ロックといえばすぐさまROCKが思い浮かぶが、ロック(LOCK=鍵をかける)方のロックの日でもあるらしい。 

f:id:slices:20160609171053p:plain

 >>日本ロックセキュリティ協同組合

全国各地で改めて自宅の鍵を見直すという催しが行われているようだ。

 

ロックの日に聴きたいロック

LOCKの方は置いといて今日はROCKの記事を書こうと思う。

ロックは僕にとって身近な存在だ。10代の頃に好きになって30代の今になっても、聴く音楽の半分くらいは未だにロックだ。まあ10代の頃のよりは音楽を聞くってことも少なくなってしまったけれど。

日本だと6/9ロックの日は毎年梅雨空だ。そんな梅雨空を吹き飛ばす選曲、と言いたいところだが、梅雨空を気にせず今聴きたいロックを紹介しようと思う。

 

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

www.youtube.com

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTは1991~2003年に活動していたバンドである。

チバユウスケの独特なボーカルとギターのアベフトシのギターリフが印象に残るバンドだ。

4人編成、スーツを着てロックを演奏。ロックの様式美を感じるバンドでもある。

この「キラービーチ」はそんなミッシェルの中ではキャッチーで聴きやすい曲だ。4枚目のアルバム「ギヤ・ブルーズ」に収録されている。

 

THE YELLOW MONKEY

www.youtube.com

THE YELLOW MONKEYは1988年から活動しているバンドである。2001年に活動休止、2004年に解散発表。そして今年2016年に再結成されたバンドである。

この曲「ALRIGHT」は復活して一発目に発表された曲である。イエモンらしい16ビートに嬉し涙がちょちょぎれる。

 

スピッツ

www.youtube.com

スピッツは1987年に結成されたバンドである。今でも現役で活躍中。今年の7月には15作目のアルバムを発表するようだ。

僕はスピッツに対しては歌ものポップスというイメージが勝手についていたのだが、この「夢追い虫」はイントロの歪んだギターからもう正真正銘のロックなんである。

 

奥田民生

www.youtube.com

奥田民生はバンド、ユニコーンでデビューして活動したのち、ソロとして1994年から活動中。

とにかく奥田民生は「いい感じ」なんである。常に肩の力が抜けていて飄々とした感じなのに、この忌野清志郎のカバーであるスローバラードなんかではメチャメチャかっこいいロックな一面を見せるわけである。

 

Blankey Jet City

www.youtube.com

Blankey Jet Cityは1990〜2000に活動したバンドである。不良な匂いがするスリーピースのロックバンドだ。ボーカルの浅井健一の声が特徴である。

今日の梅雨空を見ながら

行くあてはないけど ここにはいたくない

と思ったので抜粋。イライラしてくるぜあの会社ときたら。

そういえば何度も聞いていて、「小さな恋のメロディーという映画を見たことがないなら早く見たほうがいいぜ」と大好きなベンジーに何度も言われているのに未だに見ていない僕。

 

Mr.Children

www.youtube.com

Mr.Childrenは1988年から活動するロックバンド。今や国民的ロックバンドという感じがするが、ある時期は一気に売れた反動からか、やさぐれ期があったり、デビュー当時はビートルズまんまだったりと様々な歴史のあるバンドである。

これは9枚目のアルバム「Q」に収録された「ハレルヤ」という曲の別バージョンである。

別バージョンのこちらはビートルズを彷彿とさせるロックである。

 

おわり

どういう曲を取り上げようかと書きながら選んでいたら、結果的には梅雨空に合うようなロックが集まった。窓の外は灰色の空なのだ。やっぱり気分って影響する。

それでいて、僕が最も多感で音楽を聴いていた頃が90~00なので、ちょっと懐かしい選曲になった。奇しくも6(ロック)選なのは最後にタイトルをつけた今気がついた。

 

 

 

 

広告を非表示にする