読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【チャンピオンズリーグ15/16】レアル・マドリードの優勝とともに梅雨入りを感じる憂鬱な休日

さて休日。何もやることがない。ブログのネタもない。体は軽い筋肉痛でだるい。何もやる気が起きない。

 

チャンピオンズリーグ優勝はレアル・マドリード

今シーズンのサッカーのクラブチーム世界ナンバーワンを決める大会であるチャンピオンズリーグが終わった。優勝はスペインのレアル・マドリード。今朝の6時くらいまで延長、PK戦までもつれ込んだ決勝だった。

 

アトレティコ・マドリードレアル・マドリード。2年ぶり同じカード。スペイン同士の決勝である。去年は同じくスペインのバルセロナが制した。

サッカー観戦が趣味の僕が見ているのはスペインリーグ。好きなチームはバルセロナ。スペインのクラブチームが強いということは嬉しいけど、バルサのでない決勝は複雑な気分で見ていた。

レアルのクリスティアーノ・ロナウドは不調だし、アトレティコのグリーズマンはPKを外しちゃうし(試合中に得た勝ち越しがかかったPK)なんとも微妙な展開だった。

バルセロナファンの僕の気持ちとしては、ライバルのレアル・マドリードよりもアトレティコに勝って欲しいという気持ちがあった。

アトレティコが先制され、追いつき延長までもつれた試合。結局最後まで見てしまったのだけど、応援していたアトレティコがPKで負けるなんて僕にとってダメージがでかい。

PK戦アトレティコサイドバック、フアン・フランのPKが左のポストにはじかれる。次のレアルのキッカーのクリスティアーノ・ロナウドが決めて試合終了。

フェルナンド・トーレスが外したりすると少しは笑えたのかもしれないけど、フアン・フランでは笑えない。しょうがない。ここまでずっと貢献してきた職人サイドバックだから。この日も同点ゴールをアシストした偉大なるサイドバックが最後に外してしまった。

 

レアル優勝とともに梅雨入りを感じる憂鬱な休日

朝までがっつり試合を見ていたこともあって遅く起きる。レアルが優勝したことでちょっと憂鬱な休日になってしまった。

5月29日の日曜日。僕の大好きな5月がもう終わろうとしている。天気は曇り。梅雨の到来を予感せざるをえない。もう沖縄は梅雨入りしているようだ。

 

おわり

今日このブログを書き出すまでは空っぽの自分だと思っていたけど、やっぱりバルセロナファンにとってレアル・マドリードチャンピオンズリーグ優勝は結構なダメージのようだ。こんなに書くつもりはなかった。

 

広告を非表示にする