BABY METALがサマーソニック2016出演。夏フェスでアイドルを見るときに注意しておきたいこと。

昨日、サマーソニックのチラシを見ていた。今年はなんとレディオヘッドが来るらしい。

今年のサマソニはアツイと熱心に語る友人の横で僕は「知らないバンド名ばかりだなあ」とおっさんになったことを実感していた。

www.summersonic.com

 

BABY METALサマソニ2016出演

つらつらと知っているバンド名を探していると、今をときめくBABY METALの文字を発見した。ここ最近話題になっているアイドルグループだ。サマーソニック2016に出演するらしい。

BABY METALは全米ビルボードチャートアルバムランキングで2ndアルバムの「Metal Resistance」が39位を獲得。これは快挙らしい。

このニュースがあれやこれやと話題になっているのだ。僕はそれでBABY METALのことを知った。

 

話題の発端はピーター・バラカンという音楽に造詣の深い人物の「BABY METALはまがいもの」という発言。これに対しファンが激怒、否定派擁護派第三勢力が生まれ、色々言及されている。

これもまあ言葉狩りみたいなことだろう。どういう経緯で言われた発言かはわからない。

 

実はこのBABY METALは去年のサマーソニックにも出演を果たしていたらしい。そして今年も出演。実力があるのだろう。

というかめちゃめちゃ人気のようだ。ちょっと検索してみるとわかったのだけど、なんと5年連続の出演なんだとか。

blog.livedoor.jp

 

夏フェスにアイドルがくると

サマーソニックとかフジロックとか、熱心な音楽好きが集まるところにBABY METALの客層って合わない気がするがどうなんだろうか。

 

今年のサマソニがアツイと語った友人はこれまでに何度も夏フェスに行ったことのある人である。

その辺を聞いてみると、やはりアイドルとバンドでは客層は違うという。

彼が何年か前に行ったフェスでアイドルが出てきたらしい(ももクロだったかAKBだったか、昨日聞いた話だったのに忘れてしまった)。

そうすると、急に見た目でそのアイドルのファンだとわかる汗臭いおじさんたちが続々と出現し、恐怖を味わったという。

これは見た目に恐怖を感じたのではなく、アイドルファンたちのその激しい動きに恐怖を感じたという。

決まった振り付けとかがあるらしくその動きが激しいらしい。そして熱意がすごいと。

彼は当時付き合っていた彼女と2人で見ていたが、彼女を守るので必死だったという。彼女を守りきった彼はあばらに何発かもらったらしい。

 

例えばパンクバンドとかミクスチャーとか激しい系のバンドであればそういうことも想像出来る。モッシュとか言うやつだ。

それに近いことがアイドルを見るときでも起こるらしいのだ。

アイドルをよく知らない人が夏フェスでアイドルを見るときには、激しいバンドを見るくらいの心構えで臨んだ方がいいのかもしれない。

 

広告を非表示にする