読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕がブログを続けている理由は、なんだかんだ言っても楽しいからである。

ブログ

さてさて、今日はネタがないので、今週のお題「私がブログを書く理由」で書いてみる。何だろうなと考えると理由ってやっぱり一つじゃなくて幾つかあるものだ。

 

理由っているの?

まず思うのが理由がいるのか問題。よく「好きなことに理由はいらない、好きならもうやってしまっているはず」みたいなことを耳にする。

僕にとってそれがブログになりつつあると思う。なんかもう習慣の一つになっている。でもまだ、好きってところまでは行っていない。

ただ、理由はこれです!みたいに堂々と語れる理由はないような気がする。自然と続いている。

 

話し相手がいないから

このブログのタイトルにしているけど、話し相手がいないからここに書いていることが多い。

自分が知って嬉しかったこととかテンションが上がったことを人に話して共有したいけど、僕にはあまり話し相手がいないのだ。

だからここに書いている。書いたらスッキリする。

 

なんだかんだ楽しい

僕は今日のように書くネタがないことの方が多い。それで、何も書くことがないなあと思ってパソコンの前に座って、うだうだしている。すると1時間後くらいには何かしら出来上がっているのだ。その感じが楽しい。

何もなかった自分が何か一つ吐き出した感じ。ちょっとスッキリする感じ。うんこと一緒。

 

続けられている自分にテンションが上がる

ブログを書くのは、習慣になっているとはいえ別にやらなくてもいいことだ。自分で勝手に始めたものだから。

続けていると忙しくて時間がないときは嫌に思うこともあるし、まあ今日はいいかと思うことも多い。

それでも、なんだかんだ半年間毎日更新できている自分にテンションが上がるのだ。自己肯定感だ。僕は褒められて伸びるタイプだと思うけど、誰も褒めてくれないから自分で自分を褒めているのだ。

これまでいろんなことを三日坊主で棒に振ってきた僕は、1日でも休むとまた三日坊主の自分に戻ってしまいそうな気がしている。だから内容が薄くともとりあえず毎日の更新を心がけている。

 

おわり

書いているうちに冒頭とは言いたいことが変わってしまった。僕がブログを書く理由はいろいろとあると思っていたけど、結局のところなんだかんだ言っても楽しいからなのだ。

そういう結論になったのでタイトルはそのようにした。

広告を非表示にする