読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ毎日更新半年で気づいた、ブログをやってよかったこととアクセスを稼ぐ記事のこと。

ブログ テレビ、ラジオ

このブログは毎日更新を続けてきて半年になる。内容どっちらけで、とりあえず「書くこと、続けること」を念頭に置いてやってきた。毎日を半年間ということで、それなりに発見はあった。

 

ブログをやってよかったこと

これまでブログをやってきてよかったことが2つある。それはタッチタイピングができるようになったことと、続けられたという自己肯定感だ。

 

タッチタイピング

タッチタイピングは徐々にできるようになった。ブログを始める前までは、新しくパソコンを買って一時的に意識が高くなった時にとかにチャレンジしたりしていた。タイピング練習ソフトなんかをダウンロードしてみたりなんかして。でも目的がないから続かなかった。

ブログを書くようになって、タイピングの必要性が出てきた。それとともに覚えていった。今ではそこそこできるようになってきた。

 

自己肯定感

飽きっぽい自分が、何かを続けられたという自己肯定感を得ることができた。自分がやると決めたことを続けられるというのは、意識低い系の人間にとっては快挙なのである。

 

アクセスが増えた記事

続けられたのはいいとして、このブログは全くアクセスがなかった。ブログ開設一ヶ月でこんな感じだった。

ここで、アクセスがないなりにわかったことを書いている。それは時事ネタはアクセスが増えるというものだ。

そりゃそうだよねって感じだけど、こんなブログでもそうなのかと実感したのだ。で、それは今も変わらない。

内容は関係ないけど、ベッキー騒動があった時に書いた記事↓

これで初めて1日に100アクセス行った記憶がある。それまで1日に10件いかない日も普通だったから、僕にとっては事件だった。 

 

テレビの話題がアクセスを稼ぐ

時事。そう時事であるのだけど、要するにテレビの話題なのだ。僕のブログでアクセスを集めるものはテレビ番組の感想の記事ばかりだ。

たまたまここ3週間くらい、「タモリ倶楽部」の内容が個人的にはツボを突かれたので記事にしていた。するとアクセスは飛躍的に伸びた。記事をあげた時のアクセスも増えたけど、それまでの平均的なアクセスも一段階上がった。

f:id:slices:20160415200840p:plain

これまで平均100いかなかったのが、このタモリ倶楽部の記事

を投入した3/19から増えていったのだ。また少し増えている4月の上旬も、タモリ倶楽部の記事をあげたタイミングだ。

 

おわり

正直な所タモリ倶楽部が視聴率が高い番組だとは思えない。僕の友人で見ている人はいない。

そんな視聴率がそれほど高くなさそうな番組でも、全国には見ている人はたくさんいて、何かしら検索するまでの影響を与えているということになる。検索するほどには心は動いているのだ。なんだかんだ言ってテレビの力はすごいなと感じる。

 

 

広告を非表示にする