読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座右の銘を決めたいと思って調べてみたけど、名言が全然入ってこない問題。

そんなことは滅多にないのだけど、座右の銘を聞かれることがある。その場の会話の流れで、一人ひとりが座右の銘を発表していく流れもなくはない。

そんな時僕は「ああ用意しておけばよかったな」といつも後悔するのだ。僕に座右の銘はない。

 

座右の銘がある人

そもそも座右の銘を持ってその言葉を意識して暮らしている人は一体どれくらいいるんだろう。ここによると

r25.jp

座右の銘はある

  • ある 49%
  • ない 51%

なんと。半数の人が座右の銘があるというのだ。これは20代から30代の男性会社員200人を対象にしたものであるらしい。

若い社会人の約半数が座右の銘があるなんて、絶対に多い気がする。みんな意識高い。

 

座右の銘にしてもいい言葉

この記事で面白かったのが、座右の銘がない」と答えた人を対象に、座右の銘にしてもいいと思う名言を選んでもらいランキング形式にして発表していたのだ。そのランキングがこれ。

1位 努力に勝る才能なし

2位 明けない夜はない

3位 成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの

4位 志を立てるのに遅すぎるということはない

4位 果報は寝て待て

これはよく知られている「ビジネス名言」から選ばれたものらしい。うーんなんだかピンとこないというか、つまらないものばかりだ。

ちなみに「座右の銘がある」と答えた人もこのランキングの1位2位が多数だったようだ。 

僕にしたら昨日こんな記事を書いたので1位などは笑止千万である。努力という言葉自体いらないのだ。努力の意識を無くさなければいけないのだ。

 

ビジネス名言がつまらないのはしょうがないけど、こんなサイトを見てもなんだか頭が痛くなる。

matome.naver.jp

四字熟語とか、そりゃあ何百年も伝わってきた言葉なら価値があるよなと思ってしまう。それを一気に10個、20個と教わったところで、全然入ってこない。

 

名言が入ってこない問題

人生の格言とか座右の銘とか名言がずらっと並んでいる名言集は役に立たない。どれも全て素晴らしい言葉すぎて関心の連続すぎて返って頭に入ってこない。

何を食べるのか決めていかなかったファミレスのメニューみたいな感じだ。カレーでもいいしハンバーグでもいいしパスタでもいい。どれも美味い。

 

誰々さんの畑で採れた野菜です的な、「物語を売る」みたいなことでないと、どんな名言だったとしても入ってこない。こちらの想像力が刺激されない。

多分、あんな人生を歩んだ人がこんなことを言ったとか、あの人が生涯大切にしていた言葉があったとか、それなりの物語と踏まえた上でないと言葉というのは入ってこないのだろう。

名言には、それなりに時間をかけてから出会わないといけないのだ。

 

おわり

自分の人生と照らし合わせて、そのタイミングが良かった時に座右の銘というのは見つかるのだろう。

この記事の冒頭を書き出した時は「よし今日で俺の座右の銘を決めるぞ」と意気込んでいたのが、こんな結論になって残念である。

 

 

 

広告を非表示にする