4月はラジオも改編期。オードリーのオールナイトニッポンも危なかったらしい。

4月はテレビラジオなども改編の時期だ。僕の感じではオールナイトニッポンがかなり変わってしまった印象だ。僕の好きな土曜のオードリーのオールナイトニッポンも終わってしまうところだったらしい。

 

オードリーのオールナイトニッポン

オードリーのラジオは高校生の悪ふざけのようなラジオでとても面白い。オードリーの二人のラジオでの印象は、テレビとはかなり違う。

 

春日

ボディビル入賞、フィンスイミング日本代表など、テレビでは異常なる身体能力を見せる春日。最近では「人志松本のすべらない話」で強者芸人が出そろう中でMost Valuable すべらない(MVS)も受賞。お笑いの実力も証明してみせた。

そんな春日は、ラジオでは1日一回のエロパソでの自分磨きが生き甲斐と語る猛者である。エロパソで自分磨きというのはエロサイトを巡回してオ◯ニーをすることである。

これが生き甲斐、そのために仕事をしているとはっきりと言うのが春日なのである。テレビで見ていると、多少の変態性を感じるとはいえ、スポーツマンで硬派なイメージの方が強い。ラジオではその変態性が存分に発揮されている。

 

若林

若林の方がテレビとのギャップがあるかもしれない。テレビではサイコパスエロモグラと言われながらも、一歩引いた目線で冷静なMCをこなす実力者だ。

若林はラジオではかなりの悪ノリ男である。生放送でいきなり電話をかけたりする。中でもニッポン放送のアナウンサー吉田尚記にかけることが多い。それも、吉田尚記を馬鹿にした態度での電話が常だ。いじりの範疇なのだろうが、ちょっと行き過ぎな気がする部分もある。

先日ゲストで招いたIKKOにも悪ノリの対応をしていた。普通にゲストとして迎えて話を聞くという一方で、「いかにIKKOに気がつかれないでIKKOギャグを言わせることができるか」というドッキリのようなことをしていたのだ。これがめちゃくちゃ面白かった。が、馬鹿にしている感は否めない。

人を馬鹿にする笑い声が正直怖いときもある。若林は春日のことをサイコパスだというが、若林の方がサイコパスだろう。

 

そんな悪ノリオードリーがテレビに出てきてしまったのが最近話題になったイケアのイスの破壊事件だ。

 

こんなに楽しいオードリーのオールナイトニッポンも改編の危機にさらされていたようだ。上から「フリートークの内容がほぼ一緒、トークに出てくる人物の改編をしろ」と言われた模様。

ただ、それが面白いのだ。うだうだやっているのが面白いのだ。これはスタッフが交渉してこのまま変わらずやっていくということになったようで、一安心。

 

今春からのオールナイトニッポン

さて、今春からのオールナイトニッポンはこのようになっていた。

月曜日 星野源

火曜日 back number

水曜日 AKB48

木曜日 岡村隆史

金曜日 山下健二郎

土曜日 オードリー

うーん。うーん。僕はこれまで通りオードリーしか聞かない感じだ。今回の改編で、ものすごい人気があったらしいアルコアンドピースのオールナイトニッポンZEROも終わってしまったらしいし、何かと話題になるウーマンラッシュアワー村本のオールナイトニッポンも終わってしまった。

新しくなることでまた何かが始まるのだろうけど、オールナイトニッポンってこんなにつまらなそうなメンツだったのだなと改めて思った。僕がおじさんになって、人気パーソナリティを知らないということかもしれないけど。

 

ライバルと言える同時間帯のTBSジャンクはといえば改編はない。

月曜日 伊集院光

火曜日 爆笑問題

水曜日 山里亮太

木曜日 おぎやはぎ

金曜日 バナナマン

うん。安心安心。ラジオってこんな感じ。

 

おわり

今書いていて思ったのが、オールナイトニッポンとTBSジャンクは時間帯は被るけどターゲットが全く違うのだろう。オールナイトは旬の人、ジャンクは芸人という感じになっている。

オールナイトニッポンっていうとなんか伝説を作ってきた芸人たちのラジオ番組というイメージがあるけど、もうそんなイメージも古くなっていくのだろう。