R-1ぐらんぷり2016、感想を1人ずつ

R-1ぐらんぷりを見た。僕はM-1は欠かさず見ていたけど、R-1は半分以上見ていないと思う。初期は昼間にやっていて、いつの間にか始まった賞レースという印象だ。

第1ステージとして3ブロックに分けて、そこから1人を選出。ファイナルステージは3人で戦うという仕組みだった。

審査はお茶の間投票と審査員の投票。

 

 

Aブロック

エハラマサヒロ

何度か見たことがあった。芸達者の人だ。達者ゆえ、感心が先に来てしまって笑いまでいかない感じ。最初のつかみで、もう何をやるのか分かってしまう。

笑いって意外性だと思うのだけど、この人が意外なことやったとしたら、それはもう感心してしまうのだろう。演芸という感じ。実力は凄い。

 

小島よしお

何でてんだよ、と。決勝まで残って出てること自体が面白い。僕は筋肉芸人が大好きなのだ。

子供向けの楽しい笑いだった。相変わらず滑り笑い成分でできている小島よしお。

 

シャンプーハットこいで

客から「おー」と感心を含んだ歓声が上がっていたのが悲しい。フリップ芸なのだが、何をここまで用意してきてるんだ、って思ってしまった。

同じようなところで、cowcowのヨシが似たようなネタをやっていた。あれは笑えた。あれとどこが違うのかと考えてみると、こいでのドヤ感がちょっとうざいことかもしれない。

笑顔で準備周到なあのネタをやるヨシは笑えるのだ。こいでの、自信満々に悪ふざけする感じがちょっと笑えなかった。

 

サンシャイン池崎

僕はテンション芸は割と好きなのだけど、短い持ち時間の割に長く感じた。すぐに飽きてしまった。

浜崎あゆみの曲に乗せて「イェイ」の連発にはさすがに笑った。

 

Aブロック雑感

ブログに書こうかなと思ったから見続けたけど、それがなかったら普通に見るのを止めていた気がする。精鋭が揃ったという感じではなく、普通のネタ見せ番組という感じだった。

小島よしおが決勝進出。

 

 

Bブロック

ハリウッドザコシショウ

ハンマーカンマーの人。相変わらず無茶苦茶だった。会場の笑いが多かったのが意外。いや、僕も笑ったけど。引かれるタイプの深夜の笑いかと思っていたけど、違うようだ。みんなAブロックで笑えなくて、見たことないものが見たかったところに変態登場で爆発したんじゃなかろうか。

「あいつテレビ出たらあかんやつや」の宮迫のツッコミが真実。それでもそういう奴が定着していくのが芸能界の感じもする。アンガールズとか。

 

おいでやす小田

初見。面白かった。僕にとっては「ああここまでの1位だな」と思った。

ザコシショウで焼け野原になった後じゃなかったら良かったのになあ。

 

横澤夏子

ウザキャラ。柳原可奈子の二番煎じという感じ。ただ、ようやくR-1らしいキャラコントが見れて安心した。

 

ルシファー吉岡

面白かった。一歩だけ、ちょっとだけうざかったけど、発想が面白かった。こういうのが僕は好きだなと思った。おバカを演じつつ、発想も面白い。

おいでやす小田を抜いて個人的1位だ。

 

Bブロック雑感

Aブロックでチャンネルを変えなくてよかったと思った。ようやくR-1ぐらんぷりらしくなってきた。なんとなく、こういうのが見れるんだろうな、を見れた感じ。面白かった。

審査員の票を集めたハリウッドザコシショウの圧勝。

 

 

Cブロック

厚切りジェイソン

僕にとってはネットニュースの人という感じで、ネタを見るのはほとんど初めてだった。

想像通りすぎて、真顔で見てしまった。

 

ゆりやんレトリィバァ

体の形が面白かった。テンション高く普通のことを言う芸風。まあ、ありがちな感じではあった。

うーん、Bブロックに面白い人たちが重なってしまったのかーと、この辺りで思った。

 

とにかく明るい安村

じわじわ面白かった。面白い人、ちゃんと実力がある人という感じがした。

このネタが、ガキの使い山-1グランプリで、うっすらとした浜ちゃんのツッコミありきだったとしたらめちゃめちゃ面白かっただろうな。

 

マツモトクラブ

復活枠。僕は興味のある芸人だったので嬉しかった。最近知ったばかり。

笑いの量でいうと、もっと笑ったネタを知っていただけに、ちょっとインパクトがなかった。

と、思っていたら審査員の板尾創路がそのようなことを言っていて、共感したとともにちょっと嬉しかった。そうだよねと。

お茶の間投票1位が意外だった。

 

Cブロック雑感

僕はこの日の出来でいうと安村なのかなあと思っていた。希望的にはマツモトクラブだ。決勝でネタをやるとしたら違うネタが見れるから。

そんな僕の意に反して、ゆりやんレトリィバァが決勝。厚切りとゆりやんはないと思ったけどなあ。

 

 

ファイナルステージ

残ったのは小島よしお、ハリウッドザコシショウゆりやんレトリィバァの3人。

ファイナルステージはわかりやすく結果が出ている感じだった。客席の笑いで決まった感じがする。

この3人だったらハリウッドザコシショウの優勝は妥当だなと思った。一番笑ったし、勢いがあった。

緻密なネタを作るタイプの人が、ファイナルまで誰も残らなかったのが残念だった。

雑な感じの3人が残ってしまったのだ。僕の問題だけど、集中力が落ちてしまった。

 

 

おわり

復活枠というのが毎ブロックごとにあったのがうざかった。めんどくさいというか、最初から決めておけよという感じがした。どうせ復活なら勢い的に永野に出てきて欲しかった。

 

笑かすというより、バカをやって笑ってもらうというスタンスの芸人が多かったと思う。「ネタをもう一本を見たい」と思わせるような人がファイナルまで残らなかった。2本目もどんなことをするのか分かってしまう芸風の人だけが残った。

それにしても、Bブロックに面白い人が固まってしまったのが残念だ。

 

広告を非表示にする