読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【所要時間2分】ストレスが軽減し、自分に自信が持てるようになる方法【技術不要】

昨日、こんな記事を読んだ。

coffeetimes.hatenadiary.jp

TEDというのは世界的な講演会である。学術、エンタメ、デザインなどなど、各方面で活躍する人物がプレゼンテーションをする会だ。この講演会の模様はインターネットで無料で見ることができる。

この記事ではそのTEDの数多い公園の中から、5つを抜粋して紹介していた。そこで、一番最初に紹介されている「ボディ・ランゲージが人を作る」というのがとても面白いと思ったので備忘録を書いておきたい。

 

ボディ・ランゲージが人を作る

このプレゼンは社会心理学者のエイミー・カディという人物によるものだ。

www.youtube.com

誇らしさの表現は大昔からあるという。両手を広げて自分を大きく見せるようなポーズだ。

逆に自信がない時、悩んでいる時などは、他人との接触を避けるように体を縮こめたりする。

このようなボディ・ランゲージが人生に影響を及ぼすと彼女は言う。

 

テストステロンとコルチゾール

なんやねんそれって感じだが、テストステロンというのはストレス耐性を示すホルモンで、コルチゾールというのはストレスで増えるホルモンらしい。

早い話が、テストステロンが多いほうがいいのだ。

ポジティブとネガティブといった感じだろう。このホルモンの値がたった2分間のポーズだけで変わるという。

 

ストレスが軽減するポーズ

そのポーズがこれ

f:id:slices:20160306100021p:plain

うぬう、ふてぶてしい。

さらには、

f:id:slices:20160306100051p:plain

f:id:slices:20160306100125p:plain

まあ、なんというか、横柄なやつがするポーズなんである。こういったポーズをハイパワーポーズ(自信のあるポーズ)とし、このポーズを2分間とることによって、ストレス耐性が増し、ストレス自体が軽減したという。

たった2分間のポーズがホルモンの変化をもたらし、脳の状態を変えるというのだ。

 

逆のローパワーポーズ(自信のないポーズ)は、腕や足を組んで縮こまったりする感じだった。ちなみに首に手をやるのは自信のなさの表れなんだとか。まあここでは自信のないポーズは割愛する。

 

ポーズだけで自信が持てるようになる

このようなポーズ、ボディ・ランゲージは他人に対して何かしらの印象を与えるだけかと思いきや、自分も変える力があるという。

はたから見るとこういう態度の人間は嫌だけど、これだけでストレスが軽減するというのならやってみたい。

人生においての大事な場面、面接やプレゼンなどの前にすると良いようだ。緊張を解いて自信を持つ状態になれる。トイレとか、1人になれる空間でやると良さそうだ。

 

嘘が本当になるように

自信がなくても自信のあるポーズを取っていれば、自然とホルモン状態が変わって、自信を持てるようになるということなのだ。つまり演じればいいのだ。嘘が本当になるまでやり続けるのだ。

 

体が心に影響を及ぼし

心が行動に影響を及ぼし

行動が結果に影響を及ぼす

 と、このプレゼンで語られていた。

「形から入る」と言えばいいのか、見かけだけでも自信のある行動を取っていれば自ずと結果が付いてくるのだという。

この記事でも書いたけど↓体が心に影響を及ぼすというのは本当にそう思う。

 

おわり

まあ難しいことを考えず、なんかストレスを感じるなーって時には深呼吸をしたりして机に足をかけてふてぶてしく振る舞うのも良さそうだ。

とにかくこの動画を見ることをお勧めする。エイミー・カディのプレゼンは、実体験を交えていて感動的で素晴らしいものだった。

 

広告を非表示にする