コーヒー豆をネットでポチってみて気がついた、ネットショップの小さな工夫と努力が見えるサービス

ネットでコーヒー豆を買った。普段は最寄りスーパーで買うのだが、買いに行くのが面倒くさくて楽天のサイトで安いのを選んで買ってみた。豆の種類に特にこだわりはないのだ。

 

今日はSAWAIの日!

まあネットの方が種類は豊富だ。豆の種類を限定したとしても、より取り見取りである。

僕は価格の安さで選んでここにした。>>澤井珈琲

この店は1グラムあたり1.2円というのが売りのようだった。自宅で飲むコーヒーとして、安くて大量に欲しい僕にとってはぴったりだった。

 

今日、この澤井珈琲は年に一度のスペシャルセールをやっているらしい。3/1、SAWAIってことか。ポイント10倍だなんだと、派手にやっているようである。

僕が澤井珈琲でコーヒー豆をポチったのはつい3日ほど前の話だ。そして今日豆が届き、それでコーヒーを淹れて、今飲みながらこれを書いている。

しかし、コーヒー豆が届いた今日が、年に一度のスペシャルセールのタイミングだったとは、ちょっと寂しい気持ちになる。時すでに遅しなんである。

 

ネットショップの努力

ネットショッピンクのように、顔の見えない売買はちょっと人間味に欠けている。リアルの商店街的なショッピングの方が楽しいし安心する。

そんなリアルショップに対して、便利さがネットショップの一番の強みだと思う。ただ、それ以外でもいろいろとサービスを考えているようだ。

 

この澤井珈琲では、僕は豆を500グラム買っただけなのだけど、オマケみたいなものが付いていた。

それがこれ

f:id:slices:20160301223523j:plain

コーヒーの香袋なんである。

コーヒーの出がらしに脱臭効果などいろいろと使用法があるのは知っていた。僕も試したことはある。効果はそこそこ良い。

だけど出がらしを再利用するためには、出がらしを乾燥させる手間や、こういう風にパッケージする手間などがある。結構面倒臭いのだ。僕は一度試したっきりもうやらなくなっていた。

澤井珈琲のこういうオマケは実用的でちょっと嬉しい。必要なければすぐに捨てられるし。僕は車の中にでも置いておこうと思う。

 

おわり

澤井珈琲のコーヒー豆は美味しかった。新鮮な豆の証拠なのだが、ドリップしていると粉が膨らんだ。満足のいくコーヒーが淹れられた。

コーヒーの香袋のような、購入者がちょっと嬉しくなるサービスはネットショップでは必須かもしれない。やっぱりこういうのがあると、一回利用した僕などはまたここで買おうと思うからだ。

 

 

ほぼ日手帳にも、キシリッシュにもリピートさせる工夫がある↓

 

 

広告を非表示にする