毎日コンビニコーヒー飲んでいる僕が、ちょっとだけ気になっていること

コンビニコーヒーの飲み比べが話題になっていた。

sirabee.com

僕は毎日コンビニコーヒーを飲む。頻度としてはセブンイレブンファミリーマート>ローソンだ。単純に住んでいる地域の店舗数の差である。

この上の記事では味はダントツでセブンイレブンということになっている。うーんこれにはちょっと疑問符である。

僕は味はよくわからないけど、コンビニコーヒーを毎日利用していて気がついたことを書いてみようと思う。

 

セブンイレブン

セブンイレブンのコーヒーのサイズはレギュラーとラージである。
コーヒーマシンのボタンにイニシャル表記でRとLと書いてある。そのおしゃれで必要最低限なデザインゆえに、操作がわかりづらい。なので、多くの店では後付けで大、小などと表記するなど様々な対応している。

確かにわかりづらいのだ。だって、Rが左にあってLが右にあるんだもの。コーヒーのサイズ分けとしてレギュラーとラージっていうのもそもそもわかりづらいけど、Right Leftが頭によぎるイニシャルだし、それが逆だしなんなんだもう。

 

味は普通。というか普通になった。出始めは缶コーヒーばかり飲んでいた僕にとっては美味しいと言えるものだった。今は慣れてしまった。でもコンビニコーヒーの先駆者としてセブンのコーヒーが一番好きだ。

たまに渋い時がある。頻度としてはセブンを利用する事が一番多いのでそう言った個体差に出会いやすいということかもしれない。

 

ファミリーマート

ここもコーヒーマシンがちょっと嫌い。注ぎ終わったなと思った後にチョロチョロって出たりする。なんなんだあれは。ファミマは出来上がりのお知らせがないのだ。セブンは音が鳴るし、ローソンはゲージが表示されていてわかりやすい。そう考えるとファミマは不親切。

ファミマは抹茶ラテとか紅茶とかメニューが豊富なのが売りだと思う。味は普通に美味しい。

 

ローソン

セブン、ファミマに比べるとコンビニコーヒーに着手するのが遅かったのがローソン。後発故か、コーヒーマシンはわかりやすいし使いやすい。ローソンのマシンは豆を引く音が一番大きい。「あー頑張って挽いてるな」って感じだ。

味はまろやかでセブン、ファミマとは少し違う気がする。コーヒーの苦味が足りない気がするけど、飲みやすさでは一番だと思う。

店舗とその時々の客の入りによって、店員がコーヒーを作ってくれたり、セルフだったりする。なんとなく、セブン、ファミマに比べると上品な感じがするのがローソンだ。

 

ミニストップの思い出

ミニストップのコーヒーはほとんど飲んだことがない。

コンビニコーヒーをセブンがいち早く始めて、他社が追随している中、ミニストップではポットからそのまま出るコーヒーをやっていた。

ボタンで押している最中はジャーっと出るやつだ。量はこちらのさじ加減次第なんである。注ごうと思えばカップギリギリまで注げる。

 

セブンのコーヒーが出始めた時、レギュラーを買ったにもかかわらず、セルフでラージのボタンを押す輩が多発したらしい。「レギュラーのコップにラージの量でも入るんだよ」と、うちのチンピラ社員が当時自慢げに言っていた。クズである。
そういう問題に対し、セブンは注意書きをして対応していた。

 しかし、ミニストップではなんのその、人のモラルを信じていたわけである。「お客様はコップに適量入れてくれますよね?」なんである。

 

先に大量に作ってからポットに移していたんだろうから、その場で豆を挽いて淹れるコーヒーに味は及ばない。だけど、なんかのほほんとしているなと思ってちょっと好きだった。

今や他のコンビニと同じようなちゃんとしたコーヒーマシンを使っている。

 

 

コンビニコーヒーに大差なし

そもそも「このコンビニのコーヒーが飲みたい」というニーズはないだろう。腰を据えてじゃなく、出先で軽く、でも美味しいコーヒーが飲みたいというニーズなのだ。そいういう気分の時に、たまたま近くにあるコンビニに入るだけである。

というわけで各コンビニのいろんな味を楽しめることになる。とはいえ味に大差はない。どこもおいしい。ローソンがちょっとまろやかかな、というくらいだ。だからといってローソンを探して行くほどじゃない。

なんてったって100円で挽きたてで淹れてたてのコーヒーが飲めるのだ。それだけで十分満足である。どこへ行っても安定しておいしいコーヒーが飲めるコンビニ文化は最高である。