読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はくだらないから/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「Girl Friend」

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「Girl Friend」が発表されたのは2003年、もう10年以上前のことだ。

時系列は詳しく覚えていないが、まず、「SABRINA HEAVEN」、次に「SABRINA NO HEAVEN」と立て続けにアルバムがリリースされた。そして、先の2枚のアルバムの回答であるかのようにして、シングル盤で発表された曲が「Girl Friend」である。

この曲は「SABRINA HEAVEN」の最後を締めくくるインストゥルメンタル、「NIGHT IS OVER」にチバユウスケの歌声が足されたものである。


THEE MICHELLE GUN ELEPHANTは僕の大好きなバンドだ。けれども、はっきりいうと、僕にとってはこの曲に至るまでのボーカルのチバユウスケが書く歌詞の意味がよくわからなかった。僕にとってミッシェルは最初から、詩を聴くバンドではなかった。一曲の中に誰にでも分かるようなメッセージ性があったり、一つの物語が語られるというようなものではなかった。

まあ要するにチバユウスケの歌詞は、硬派な印象のバンドの冷淡なかっこ良さを形作っている一つの要素、くらいのものあったと思うのだ。

紡がれる言葉の節々からは、曲の世界観やアルバム全体の世界観が想像され、様々な解釈をするものだった。

 

年老いたブルーバード
雪の降るコンクリート
モノクロームの大地
パーティーは終わりにしたんだ

暴かれた世界は オレンジのハートを
抱きしめながらゆく とぐろをまく闇

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「暴かれた世界」

こんな風に。意味はよく分からない。けれども、この言葉が爆音でアグレッシブな演奏とともに叫ばれると、伝わってくる世界がある。


僕には知る由もない事ではあるが、ミッシェルの楽曲の作り方は、まず曲が先に生まれて、その曲にうまく乗せることが出来る言葉を歌詞としてチバが乗せていくスタイルなのではないかと思う。

まず音を楽しむ、音を出して情熱をぶつけ合う。その音ありきで、その上に言葉をのっけていく。だってロックンロールバンドなんだもの。

僕にとってミッシェルの歌詞はあくまで歌詞であり、詩ではなかった。それも、「Girl Friend」が発表されるまでの、ミッシェルの歴史のそのほとんどが。

 

 


そのように考えていた僕にとっては、「Girl Friend」という曲は、これまでのチバユウスケの歌詞とは違ったものだった。ミッシェルにおいては異端も異端、希有な曲なのである。

つまり、この「Girl Friend」という曲には非常に強いメッセージがある。誰もが共通に明確に思い浮かべる事が出来る意味のある言葉がある。
チバユウスケが、音ではなく言葉で自分の思いをリスナーへと直接投げかけた曲だと思う。

そういう意味ではこの曲はミッシェルの歴史を語る上では重要なものであるだろう。悲しい事に、この先に発表される曲は1曲しかなかったのだけれど。解散してしまったし、もう再結成も不可能だ。

10年以上のバンド活動がもう終わると決まっていて、だからこそ書けた詩だったのかもしれない。


では、一体どういったメッセージであるのか。
それはここまでこの駄文を読んでくださった皆様自身がその耳と心で感じ取ってほしい。

広告を非表示にする