読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身男女は必読か?東村アキコ「東京タラレバ娘」に精神を削られる

f:id:slices:20160209103305p:plain

漫画喫茶で東村アキコの「東京タラレバ娘」を読破した。
「あの時ああだったらよかった。あの時こうすればよかった」などと言い訳していたらいつの間にか30歳を超えてしまったと焦る女たちの物語である。

男の僕が読んでもグサっと心に刺さる漫画だった。独身30代が読んだら男女問わず心に刺さる作品ではないだろうか。

 

 

あんたらの歳だとチャンスがピンチなんだよ

仕事がなくなった時などの落ち込んだ時、前向きに「ピンチはチャンス」と考える手法がある。ここまで落ちたらあとは上がるしかないという状況ってあったりする。

そうやってタラレバ娘が前を向こうとしている時に「あんたらの歳だとチャンスがピンチなんだよ」と25歳のイケメンモデルが突き放した。

論理的な指摘である。30歳を超えた人材は、結果が出せて当たり前だと見なされるのだ。若い頃はまだ次があるとか若いからねとか逃げ道があるし、それが経験になる。

そこを超えるともはや失敗は許されない。一度のチャンスを逃したらもう終わりである。ピンチヒッターが空振りしたら無能扱いなんである。

感情論で「ピンチはチャンス」とか思って前向きになるのもいいが、歳を重ねている現実を思えば、「チャンスはピンチ」だということだ。

 

 

おじさんおばさんの入り口

この作品に出てくる、「これまではいつも自分が最先端だった」という言葉に共感した。これまでは自分たちの世代が注目され、世間でももてはやされていた。大人たちからチヤホヤされていた。

それが歳を取るごとに移り変わっていく。気が付いたら変わってしまっているのだ。いつの間にか人生中間地点なんである。30代とは、おじさんおばさんの入り口なんである。

「歳をとるとはこういうことなんだ」と理解し始めるのが30代だと思う。おじさんになっていくことを受け入れる期間なのである。

 

 

巻末の相談コーナー

巻末に、読者から悩みを募って作者がそれに漫画で答えるというコーナーがある。ラジオのような感じで、これが面白い。

 

「いつかは結婚したいと思っているんですけど」みたいな相談があった。

これに対し作者は、「いつか結婚したい」という考えは今の生活に満足している証拠だという。でなければ「すぐに結婚したい」と言うはずだと指摘。

ふわっとした相談に対して、的確な答えなんである。締めに、

なによりもまず
「ひとりは淋しい」という
感情を思い出してください
ばかやろう

とあって笑ってしまった。でも身につまされた。ひとりに慣れてしまったのはいつの頃からだったか。

 

 

失われていく柔軟性

主人公のタラレバ娘は理想的な相手が見つかり結婚前提に付き合い始めるが、「会話が疲れる」という理由で別れてしまう。それ以外は全て好きなのに、その一点のために続かないのだ。

並行して、相手の要望に従順に答えて柔軟に自分を変えていく後輩の女が描かれている。変えたことによって、仕事も恋愛もうまくいっている若い後輩。エグい。

おい、びんびんくるぞ。おい。そんな僕はタラレバ男である。

独身の弊害

独身生活というのは、なんでも自分の思い通りに過ごせる生活だ。ただ、それが長くなると人に合わせるのがだんだん疲れるようになってくる。長くなればなるほど、そういう自分を簡単には変えられなくなる。

今30代の僕もそう感じているけど、うちの会社の40代独身の人を見ていると本当にそう思う。こうやって歳を取っていってしまうんだなと。そしてそれは嫌だなと。

自分を変えられなくなる」ということが一番の悪なのではないかと思った。

 

 

精神を削られた

ネット時代になって、便所の落書きが可視化されて、生々しい世界がさらけ出された。そんな時代感にぴったりの、現実を語る漫画である。

ハッと気がつかされるエピソードがいくつもあった。身につまされるものばかり。そしてエグいものばかり。中でも、タイムマシンに乗った10年後の主人公が現れて、ただ「淋しい」と語る画は相当エグかった。

「東京タラレバ娘」は独身30代にとっては精神を削り取られる漫画である。

 

 

slices.hatenablog.com

 

広告を非表示にする