ペットは死んでしまうのが悲しいから飼いたくないと言った友人がいた

ペットは死んでしまうのが悲しいから飼いたくないと言った友人がいた。その気持ちはわかる。ペットの死の悲しみは、そもそも飼わなければ存在しない悲しみなのだ。

ペットロスという言葉もある。長く一緒に暮らし、家族となるペットの死の悲しみは深い。

 

そもそもペットを飼うのは大変

ペットを飼うということは、死の他にも色々と大変なことがある。

生き物であるから、毎日の世話が大変だ。食事の世話、トイレのしつけ、数えだしたらきりがない。

犬は毎日の散歩が大変だし、猫は柱や壁で爪とぎをするのが厄介だ。それでいて犬も猫も毛が抜ける。獣臭がする。そういう世話をするために、お金も時間もたくさんかかる。

 

ペットを飼うメリット

ただ、メリットも大きい。メリットという言い方はおかしいかもしれないけど、メリットデメリットで考えるべきであると思う。ペットを飼うということは命を預かることになるのだ。ここははっきりさせておいた方がいい。

癒し

ペットを飼うメリットはもう完全に「癒し」である。見ているだけで癒される。自分の心の汚さが洗われる。触れ合っても癒される。頭などを撫でてやると本当に気持ちよさそうな顔をする。もう、ほんとかわいい。自分が優しい気持ちになっていくのを感じる。

僕は特に犬を押したい。犬は目がいい。どこか遠くを見て、寝っ転がっている時のあの素朴な目。

 

じーっと目を見て、さんぽに行くフリなんかすると、「え?なに?さんぽ?さんぽいくの?いこうよさんぽ!」と一気にテンションを上げて尻尾をフリフリする。

それで僕がさんぽに行かないとわかると、つまらなそうにふて寝する。「なんだーいかないのかー」という程度である。「いかねーのかよふざけんなよ」とか言わない。

また、間をおいてちらっと見て合図を送ると、ぴくっと耳を動かす。かわいい。純粋。大好き。あれ?涙が。。

子供は是非! 

子供の頃にペットを飼うのはとてもいいことだと思う。世話をするという責任を子供に与えるのだ。ペットの世話を通して、とてもいい教育になる。

子供という未熟なものが命を預かることであるけれど、親という監督者もいるから最悪の事態にはならない。多少守られている状態で、責任を任される。

子供の頃からそういうことに触れるのは意味がある。ペットの成長とともに、子供も成長していく。


他に、健康にもいいという結果が出たとテレビか何かで見た。犬や猫は外から雑菌を運んで来てしまう。そんな雑菌に子供の頃から晒されていると、免疫力がつくらしい。

 

極論だけど

メリットの方を長々と書いてしまった。そう僕はペットを飼った方がいい派なのだ。

「ペットは死んでしまうのが悲しいから飼いたくない」と友人は言った。でもそれは、僕からすれば「死んでしまうから生きたくない」と言っているのと同じだ。

あまりに極論ではあるけど、そう思う。僕たちは生きている。いつの間にか生きている。生きているからいろんなことがある。嫌なことがあるからいいこともあるのだ。

「死んでしまうから悲しい」それはそうだけど、ペットを飼うとそれ以上のメリットがある。悲しくなるから飼わないというのではもったいない。

 

 

おわり

住んでいる環境、経済面、時間などの問題がなく、ペットを飼いたいと思っている人がいるならば、何の迷いもいらない。是非飼ってほしい。

 

僕が世話をした、大好きだったあいつはもう死んでしまった。13年も一緒にいた。死んでもう5年にもなるけど、まだたまに夢に出てくる。一緒にさんぽしている夢だ。まだ、死んでしまった気がしない。僕という人間を形成する一部になっている。

ペットは死んでしまう、それでも、死から教えられることは多分にある。

 

 

 

広告を非表示にする