読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホリエモンが語る、イギリスの飯がまずい理由。

考え方の備忘録

イギリスは飯がまずいと言われる。普通に知られていることだと思う。

僕はイギリスには行ったことがない。イギリスどころか一度も国外へは出たことがない。

イギリスに行った知人は、言うほどイギリスの飯は不味くはなかったと言っていた。彼からは紅茶をお土産に頂いた。それは美味しかったのを覚えている。

 

ちょっと前にモヤモヤさまぁ〜ず2でイギリススペシャルをやっていた。この番組はさまぁ〜ずが都内をブラブラするゆる〜い番組なのだが、ついにイギリスまで足を伸ばしたのだ。

それを見るとどうやらイギリスの飯はまずそうだった。フィッシュアンドチップスは美味しかったようだが、他のものは塩気が足らないようで、現地の人もテーブルに置いてある塩を大量にかけて食べていた。
ああやっぱりイギリスの飯はまずいんだなと思った。

 

なんでも、イギリスの飯がまずいのには理由があるという。ホリエモンチャンネルという堀江貴文さんのYoutubeの動画で知った。

 

食べ物はエネルギー

イギリスの飯がまずい理由にはイギリスの歴史的背景が関係するようだ。イギリスは階級社会である。上流階級ではメイドが子供のために栄養を重視した食事を用意する。

栄養価の高い食事は、そのほとんどが美味しくないので、上流階級の人々は「食事=まずいもの」という認識で育ってしまうとのこと。

そういうわけで上流階級の人々、つまり金持ちが食に興味を持たないから、食文化が発展していかなかったそうだ。

それが国民性となり食べ物はエネルギーと割り切るような風潮につながったのだろう。

そんな歴史的背景がありながら、19世紀頃から冷蔵船の技術が発達し、うまい肉を輸入できるようになり、現在ではイギリスでもうまい肉が出回っているようだ。一昔前ほどはまずくなくなったとも言っていた。

 

動物的理由

これは面白い話だった。美味しいものに出会わないでいると、そのまま育ってしまうのだ。もったいないなあとは思うけど、そうやって育ったのだから、そもそもそういう視点がないということ。環境って本当に大きな意味があるんだなあ。

食に興味がない人も意外といる。たしかに、生きていくために食べるのだから、そこに栄養価以外の必要なものはないとも言える。極論、飢えなければいいのだ。でもそれは動物的な理由だ。人間としては全くもって味気ない。

 

www.youtube.com

 

広告を非表示にする