AppleがiPhone6向けの純正バッテリーケースを発売。これは「最初ではなく、最良。」なのか?

AppleがiPhone6向けの純正バッテリーケースを発売したようだ。

お値段11,800円。iPhoneとSmart Battery Caseを同時に充電すれば、通話は最大25時間、LTEでのインターネット利用は最大18時間に延長されます。ですって。

www.apple.com

f:id:slices:20151209083324p:plain

これは、、、ダサい。

 

f:id:slices:20151209083535p:plain

 

おーうやっぱり出っ張ってるよ。

これは、ジョブズが去ってからのAppleの美意識を疑わざるをえない。もちろん、Apple製品というハードルを考えてのことだけど。

 

 

ジョブズがいれば

出っ張っているといえばiPhone6のカメラだ。これまでフラットな背面が美しいデザインだったのに、6になってちょこっとだけカメラが出っ張っていて嫌だなあと思っていた。

まだジョブズがいた当時、スマートフォンの大型化が進む中でも、頑なにあのサイズを保っていたApple。5では縦に伸びて、なるほどよく考えたな(ジョブズの意志を受け継ぎつつニーズに応えつつ)と思った。

6になると先に書いたカメラとともに、サイズとカラーの幅を広げた。iPadでもサイズが展開が増え、最近Proという12インチサイズも出たばかりだ。

1人の人間の確固たる意志ではなく、市場を考えて様々な戦略を練るようになってきたのだろう。

これまでは、それがいいか悪いか話題にはなっても「ジョブズがいないとダメなんだ」と思うほどでもなかったけど、このバッテリーケースはいただけない。

 

そもそもAppleがケースを作ること自体が残念ではある。純正のケースを販売し始めたのはジョブズが亡くなってからのことだったと思う。ジョブズが関与したiPhone4sまでは純正のケースやカバーはなかった。

バッテリーケースなんて「本体では補えないことがある」と発表しているようなものではないのか。

 

 

最初ではなく、最良。

本で読んだかネットで見たか忘れてしまったが、Appleのやっていることは「最初ではなく、最良。」とあって、納得した記憶がある。

MP3プレイヤーとしては後発であったiPodの成功。スマートフォンでも大成功。その分野で初めての製品だったから成功したわけじゃなく、それは最良の製品だったから成功したのだ。

それがAppleの目指すことだとするならば、今回、バッテリーケースなんて以前からあるようなものを、じゃあAppleが作るとしたらどう出してくるんだ、何を見せてくれるんだとハードルは上がる。

デザインだけでいうとそのハードルは超えられていないと思う。

 

 

触ってみて初めて感じる良さ

僕は今使っているiPhone5sのデザインは、実際に触るまでは好きじゃなかった。

とはいえ、その前に使っていた4sは2年も使えばバッテリーの持ちは悪くなるし、縛りが解ければ新しいものが欲しくなる。デザインはいいに越したことがないけど、それよりも道具としての使い勝手の方が大事だから4sから5sに買い換えた。

 

4sから5へ大きくデザインが変わった時のプレゼンでは、Appleの偉い人がエッジのデザインにこだわったと言っていた。特殊な研磨がどうたらこうたらと謎のこだわりを見せていた。僕は映像ではそれほどすごいと思わなくて、「そこに労力を割くくらいならもっと安くしてくれ」ぐらいに思っていた。

f:id:slices:20151209095009p:plain

だけど、5から少し遅れて5sを実際に手に入れて間近で見て触ってみると、想像以上に良かった。このエッジの質感は素晴らしかった。つくり込み具合の本気度をビンビン感じたのを覚えている。持ってみても適度に手に引っかかっていい感じだった。触ってみて初めて感じる良さがあった。手にとってから好きになったのだ。 

 

願わくばこのバッテリーケースもそうであれと思う。実際の質感は持って触ってみないとわからない。上の画像だけではわからない良さもあるかもしれない。

僕はモバイルバッテリー派なので買わないと思うけど。

 

 

広告を非表示にする