読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の毎日に彩りを加える方法(男限定)

考え事

高速で走る車の窓から手を出して感じた風の風圧は、女性の胸をさわった感触と似ていると言われる。都市伝説のような話だ。

それを科学的に検証した記事が話題になっていた。男性大歓喜。思わず心の中でガッツポーズの良記事だ。

spotlight-media.jp


この記事の動画では、これまで都市伝説のように語られていたこの説を科学的に検証していた。

Dカップといえば最も美しいサイズの胸である。もはやDが胸に見えてくるレベル。なによりのサイズである。


そして検証した結果、都市伝説は真実であり60kmで走る車で感じる風圧は、女性の胸を触った感触とほぼ同じだったのだ!

これまで、「高速かぁ。なかなか走らんしなぁ」などと思っていたのだが、60㎞でいいとなると話は変わってくる。



願わくば、暖かな季節に知りたかった。これから寒くなっていくので、なかなか窓を開けて走る機会はない。とて、とてである。

 

灰色の毎日に彩りを加える方法

僕の灰色の毎日に、一筋の光が差した。毎日の通勤にひとつの彩りが加わった。別に行きたくもない場所に移動する時、そんな時でもいつでも女性の胸を触れると考えるのだ。そう考えることで、このつまらない日常を乗り切るのだ。

ちょっと待てよ。例えば、バイクに乗った時。フルフェイスのヘルメットではなく、半ヘルとかの場合。

 

。。。

 

もう書かなくてもわかるだろう。みんなバイクの免許を取ろう。原付じゃダメなのだ、30kmまでしか出せないから。中免必須なんである。それが灰色の毎日に彩りを加える方法だ。

広告を非表示にする